• 03-6260-8880
  • FAX
    03-6260-8877

Tracepro 最新情報

Lambda Research Corporation社は光および照明システムの設計、分析および最適化のための
ソフトウェア『TracePro』を提供しています。TraceProは直感的なCADインターフェイスです。

自動車用LiDARシステムウェビナーの光学モデリング

Lmbda Reserch社は、シミュレーション技術ウェビナーシリーズを通じて
自動車の安全性を向上させるために、Altair社と提携してウェビナーを発表しました。

ウェビナーの概要:
LiDARシステムの使用は、自動車アプリケーションで人気が高まっています。
TraceProなどの光解析ソフトウェアを使用すると、エンジニアや設計者は、仮想環境でこれらのシステムをモデル化し、物理的なプロトタイプを作成する前に賢明な選択を行うことができます。これらのシステムのモデリングは、ソースの設定、適切なプロパティの選択、ターゲットに戻る少数の光線の操作という点で困難な場合があります。このウェビナーでは、モデルの設定、ビームの定義、結果の分析など、TracePro の LiDAR システムのモデリングについて説明します。また、非常に多くのレイトレーシングを必要とせずに、モデルのサンプリング効率を向上させるツールも見ていきます。
ご興味があれば、下記メーカーホームページにアクセスしてコンテンツを表示してください。
メーカーホームページはこちら

-TracePro 2019 バージョン19.6 新機能-

  • 新しいスキーム関数:get-faces.
  • 新しいスキーム関数:create-sheet-from-planar-edges.
  • 更新:edit:surface-sweepの因数チェックを修正
  • 更新:マクロ参照スキームのドキュメントと例のクリーンアップ:様々なエラーを修正し、コード一刷新します。
  • 更新:レイトレースモードオプションページの表示と、定義メニューのビットマップソースの翻訳を修正
  • UI言語が韓国語に設定されている場合
  • 更新:ACISグループ関連のコマンドをマクロリファレンスから削除します-7706
  • 更新:言語をイタリア語に設定したSurfaceプロパティエディターでプロパティをインポートするとクラッシュする問題を修正-7705
  • 更新:測定ツールのエラーメッセージを修正:「GetResourceString:文字列リソース(5522)のロードに失敗しました」
  • 言語はイタリア語に設定されています。-7702
  • 更新:ピラミッド爬虫類プロパティの係数のエクスポート/インポートを修正

 

-TracePro 2019 バージョン19.4 新機能-

  • テクスチャーオプティマイザーの廃止(TracePro Expert)
  • DMD GeneratorをTexture Optimizer IIに併合
  • 2D Interactive Optimizerの廃止(TracePro StandardおよびExpert)
  • 2D Geometry Modelerの廃止(TracePro LC)
  • 3D Interactive OptimizerはInteractive Optimizer(TracePro StandardおよびExpert)に名前が変更
  • 3D Geometry ModelerはGeometry Modelerに名前が変更(TracePro LC)
  • ツールバー ・ヘルプツールバーの削除 ・モノクロツールバーオプションの削除 ・ツールバーアイコンサイズオプションの追加
  • フラックスレポートの新機能:フラックスがゼロでないオブジェクトとサーフェスのフラックスのみを表示
  • 新しいSchemeマクロコマンド

詳細はこちらのUpdate Guideをご参照下さい。

-TracePro 2019 バージョン19.3 新機能-

・下記コマンドの追加
(geometry:baffle-vane …)
(geometry:rectangular-tube …)
(geometry:baffle-vane …)
(geometry:baffle-vane …)
(geometry:baffle-vane …)

・下記コマンドの廃止
(solid:baffle-vane…)
(solid:rectangular-tube…)
(solid:baffle-vane…)
(solid:baffle-vane…)
(solid:baffle-vane…) –7604

・廃止されたScheme コマンド (solid:ray-test …)を置き換えるコマンド
(geometry: ray-test…)

-TracePro 2019 バージョン19.2 新機能-

ユーティリティの新機能
テクスチャオプティマイザーII
・最適化可能な新しいドットパターンを追加 (様々なピッチのグリッド)

3D インタラクティブ オプティマイザ
・after-scheme エディタで F5 を押して、現在のコードを実行
・after-scheme エディタでF10を押してステップの実行モードを開始し、F11キーを押して前に進む

アナリシスツールキット
・Luminance 分析の最大 / 最小 / ログのオプションを追加

-TracePro 2019 バージョン19.1 新機能-

  • Path Shor Tableに別のインターセプトタイプとしてのTIRを追加
  • 入射光線テーブルでパスソート機能を有効
  • COMメソッドBackgroundExecuteSchemeStringを追加してSchemeコードを実行。戻りを待ちません
  • コマンド追加( analysis : candela : viewer-open…)
  • コマンド追加( analysis : candela : viewer-close…)
  • コマンド追加( analysis : candela : viewer-save…)

ユーティリティの新機能
IES/LDT分析
・IESファイルの区切りとしてTabの使用するサポート

3D インタラクティブ オプティマイザ
・Surface Type D を使用して押し出しオブジェクトを作成する機能追加
・新オペランド追加 フォトリアリスティックレンダリング結果から輝度値を取得するためのフォトリアリスティック

アナリシスツールキット
・分析項目情報の表示を有効 / 無効にするオプションを追加

サーフェスプロパティジェネレータ
・TracePro プロパティファイルのロード機能を追加

ライティング ツールキット、パス ソート フィルタリング、ツルー カラープロットのための新セッティングの機能があります。ライティング ツールキットはTraceProのユーザーに自動車照明装置を分析するフル機能、ヘッドライト、警告ランプ、マーカーランプ;及び屋内、屋内照明器具にも適用されます。ライティング ツールキットはシミュレーション結果が照明及び自動車規格の要件を満たしていることを証明する視覚化ツールと規制テーブルを提供し、ECEの合否基準を提供します。
SAE、IESNA、およびFMVSS規制に準拠しています。

TracePro v7.8の新しいパスソートフィルタリングにより、既存のパスソートテーブルが強化され、ブール値フィルタを適用して、表示および分析したい正確なレイパスを指定できます。ユーザーは、任意のソースまたはサーフェスから始まり、サーフェスまたはターゲットサーフェスで終わるオブジェクトによるサーフェスのパス全体を構築して、フィルタを構築することでレイパスを分析できます。フィルタリングの後、単一パスまたは複数フィルタリングされたパスを選択して、そのパスのモデルをトレースし、ターゲット面上の照度または照度マップとして視覚的に表示することができます。この新機能により、TraceProはあらゆるデザインで問題のある領域を見つける最先端の方法をサポートし、現在市販されている市販製品よりはるかに優れています。

TraceProのすべてのトゥルーカラープロットに、照射/照度、3D照射/照度、輝度マップなどの輝度、コントラスト、ガンマの設定が追加されました。

TracePro 2018 バージョン18.4は、ランプや照明器具のLED実装に利用できる最も強力で洗練された照明設計ソフトウェアをさらに強化します。

直感的な3D CADインターフェイス、優れたレイトレーシングパフォーマンス、高度なユーティリティ、他の機械とのシームレスな相互運用性を組み合わせて、プロトタイプから製造プロセスのデザインプログラム。

現在のユーザーは、最新リリースをダウンロードすることをお勧めします。TracePro 2018 バージョン18.4の無料2週間トライアルに参加することができます。

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877