切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics


ULO Opticsは1982年に設立されたビーム伝送ソリューションの設計と製造において40年の経験を持つ、イギリスのメーカーです。
CO2やサーマルイメージングアプリケーション用のカスタム光学部品の他に、自社開発のCO2スキャンニングレンズは現在でも業界標準として広く使用されています。


▶ ULO Optics社の製品一覧はこちら

ULO Optics社の切断装置用CO2レーザー光学部品


切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics
 




直径5mmから250mm、厚さ2mmから25mmまでのZnSeレンズの製造が可能です。

ULO Optics社のCO2レンズはCWレーザーのダメージ閾値が3000W/mmです。

(注:直径 20 mm の 5 kW ビームはわずか 5000/20 = 250 W/mm)
 


平凸レンズ

多くのレーザー装置では標準的な集光素子として平凸レンズを使用するように設計されています。
また、メニスカスレンズと比較してスポットサイズの差が少ない長焦点距離で平凸レンズを選択するお客様がいらっしゃいます。

ミラー

様々な直径と厚さのSI、Cu、Moミラーを提供しています。
Siミラーは耐久性に優れ、Supermaxコーティングと組み合わせることにより、99.85%以上の反射率を実現します。

メニスカスレンズ

最適なメニスカス レンズはスポットサイズを最小限に抑え、出力密度を高めます。

非球面レンズ

非球面レンズと無収差レンズダブレットは短焦点ZLFシリーズメニスカスレンズに代わる高性能レンズです。
非球面レンズはメニスカスレンズの球面収差を補正し、回折限界性能を実現します。
非球面レンズは短焦点レンズで最も効果的です。


お見積・お問合せはコチラ>>

集光レンズ 交換用レンズ

切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics


ULO Optics社の球面レンズは集光レンズとネガティブレンズをご用意しています。
メニスカスレンズと平凸レンズはレーザーメーカーにより高圧切断アプリケーションで一般的に使用されています。
お客様の仕様に合わせたカスタムレンズを製造することが可能です。


特徴

  • Trumpf、Bystronic、アマダ、三菱、Rofin、LVD、Masai、Ferranti を含む、世界中のすべての主要なレーザー用のドロップイン交換レンズ
  • 最適化されたメニスカスと平凸のデザイン
  • 大量生産
  • 標準または UltraLO AR コーティングのいずれかでコーティング



パーツ番号 直径 [mm] EFL [mm] FFL [mm] ET [mm]
VTE500 38.05 126.9 120.8 7.4
VTE750 38.05 190.9 185.5 7.4
15BYS127-UL 38.05 127.1 120.0 9.0
15BYS190-UL 38.05 190.7 183.8 9.0
・上記の表はCO2切断システムで最もよく使用される交換レンズを掲載しております。
・その他の仕様についてはお問い合わせください。


アキシコンレンズ

アキシコンレンズ

– 紙やプラスチックなどの穴あけ加工に-
アキシコンは平らな面と円錐形の面を持つ部品です。
レンズと組み合わせることでリングフォーカスを実現します。

素材 ZnSe
円錐面 ダイヤモンド加工
標準的な直径 28.0mm、38.0mm、50.0mm
アキシコン角度 1 arc min~10°の範囲で製作可能

※ズーム機能付きのアキシコンもあります。


特徴

  • リングフォーカス
  • 標準またはUltraLO ARコーティング、またはお客様の仕様に合わせてコーティング
  • フォーカスレンズ付きアセンブリの取り扱いあり


パーツ番号 直径  コーン角 エッジ厚
ZAXddaabbb ‘dd’ mm ‘aa.bbb’ degrees 3.0 mm for diameters up to 50.8mm


収差補正レンズ

切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics

非球面レンズと無収差レンズダブレットは短焦点ZLFシリーズのメニスカスレンズに代わる高性能レンズです。
どちらのオプションも「最良の形状」のメニスカスレンズに存在する球面収差を補正することにより、回折限界性能を発揮します。
非球面レンズは焦点距離の短いレンズで最も効果的です。

球面収差を除去するための代替ソリューションとして、ULO Optics社のTFシリーズの収差補正ダブル エレメントレンズがあります。


特徴

  • 球面収差を排除した回折限界性能
  • ARコーティング
  • マウントも可能



パーツ番号 直径 [mm] EFL [mm] BFL [mm] FFL [mm] WD* [mm]
10ZAL25.4 25.4 25.4 21.7 19.9 18.9
11ZAL25.4 28 25.4 21.3 19 18
11ZAL38.1 28 38.1 35.4 34.7 33.1
11ZAL50.8 28 50.8 47.9 47.1 46.1
11ZAL63.5 28 63.5 60.8 60.1 59.1
15ZAL38.1 38.05 38.1 33.6 30.9 29.9
15ZAL50.8 38.05 50.8 47.2 45.6 44.6
15ZAL63.5 38.05 63.5 60.2 60 59
15ZAL95.3 38.05 95.3 92.4 91.6 90.6
15ZAL127 38.05 127 124.3 123.6 122.6
・WD=M10、M11、M15 マウント付きのワーキング ディスタンス(マウントの端からの焦点距離
・上記の表は最もよく使用されている製品を掲載しております。
・その他の仕様についてはお問い合わせください。


ポスト対物(ポストオブジェクティブ)スキャナーレンズ

切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics

シングレット、ダブレット、トリプレット、およびテレセントリック スキャナー レンズは全て「プレオブジェクティブ」スキャン構成で使用されます。
しかし、「ポスト対物レンズ」(または「3軸」)と呼ばれる第2の構成があり、そこではスキャンミラーは集束光学系に従います。

小さな第1レンズもミラーと同期して平行移動し、像面に正しい焦点を合わせます。
プレオブジェクティブの配置とは異なり、同じ光学系のセットは通常、複数のフィールドサイズに対応することができます。
これらのレンズのアプリケーションは通常、リモート溶接のような作業距離がその場で変化する3次元アプリケーションです。
ULO Optics社ではお客様のご要望に応じて後対象レンズの設計・製造を行っています。

シリンドリカルレンズ / ZnSeシリンドリカルレンズ

切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics


切断用オプティクス CO2 レーザー光学部品 ULO Optics



シリンドリカルレンズ

シリンドリカルレンズは通常、入射光の焦点を合わせたり、集光したり、拡大したりするために使用されます。
シリンドリカル レンズには 1 つの円筒面があり、光を 1 つの次元または軸に集束させます。
また、レーザーダイオードの出力を対称的なビームに拡大するためにも使用されます。
シリンドリカルレンズは球面レンズや平面レンズよりも技術的に製造が難しいため、ULO Optics社では最先端の研磨技術と厳しいレンズ評価を行って各レンズを製造しています。

シリンドリカルレンズは通常、長方形、正方形、円形で、平凸または平凹のデザインです。
ULO Optics社のシリンドリカルレンズは低ウェッジと高い面精度を兼ね備えています。
Triopticsの遠心力測定とZygo GPI干渉計を使用して、個々のレンズの品質を評価しています。
全てのレンズはコーティング無し、または幅広い高耐久性、低損失 AR コーティングでコーティングされており、20-10 の表面粗さで製造可能です。


平凸シリンドリカルレンズ

平凸シリンドリカルレンズは光を一軸に集光するために使用されるレンズです。
正のシリンドリカルレンズは光の点から線像を作ったり、像の縦横比を変えたり、平行入射光を線に集光したりすることができます。
平凸シリンドリカルレンズはスリットやライン検出器アレイの照明、レーザー投影、レーザーラインフォーカス、アナモルフィックビーム成形に一般的に使用されます。


平凹シリンドリカルレンズ

平凹シリンドリカルレンズは光を軸方向に拡大するために使用されます。
負のシリンドリカルレンズは平行光を線から離れるように発散させることができます。
平凹シリンドリカルレンズは画像の一次元圧縮、アナモルフィックビーム成形、レーザーライン生成に使用されます。


アプリケーション

シリンドリカルレンズは幅広い産業、研究、OEMの用途で使用することができます。
一般的には、分光学、ホログラフィー、レーザースキャン光学計測、音響光学、レーザーダイオードのアプリケーションに使用されます。
レンズはアプリケーションに合わせたカスタムメイドが必要となります。
セミカスタム及びフルカスタムメイドのシリンドリカルレンズを提供致します。
実証から大量生産に至るまで完全サポート致します。


ZnSeシリンドリカルレンズ

ZnSeレンズのシリンドリカル面は円形、矩形、平凸、平凹のいずれかの形状で製造可能です。
ULO Optics社では以下の仕様のシリンドリカルレンズを標準品として提供しています。
標準サイズ:直径25.0mm、25.4mm、28.0mm、38mm
カスタムシリンドリカル光学部品は最大100 mmのサイズまで製造可能です。


  • 標準またはカスタム シリンドリカル レンズを利用可能 – 以下の表は一例です。
  • 10.6µm またはお客様の仕様に合わせて AR/AR でコーティング


パーツ番号 直径 [mm] EFL [mm] CT [mm] ET [mm]
9.8ZCP50 25.0 49.9 4.12 3.0
10ZCP63 25.4 63.4 3.91 3.0
10ZCP254 25.4 253.8 3.23 3.0
11ZCP100 28.0 99.8 3.70 3.0
15ZCP127 38.05 126.9 4.02 3.0
9.8ZCN25 25.0 -24.9 2.50 4.8
15ZCN38 38.05 -38.1 3.00 6.5
・EFL = Effective Focal Length
・CT = Center Thickness
・ET = Edge Thickness


お見積・お問合せはコチラ>>

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877