• 03-6260-8880
  • FAX
    03-6260-8877

赤外検出器プリアンプ  Vigo system

Vigo Sytem社は1987年に設立された非冷却赤外検出器の世界的メーカーです。

Vigo社の製品一覧はこちら
Vigo社の製品カタログはこちら:Vigo総合カタログPDF
弊社はVigo System社の正規代理店です。

PIP プログラマブル スマートプリアンプ   Vigo system

 

PIP はプログラマブル “スマート” プリアンプです。

Vigo system HgCdTe赤外検出器とコンパクトなケースに収納されたプリアンプから成る赤外検出モジュールは、スペクトル応答範囲や時間応答特性および利得の異なる各種を用意しています。Vigo systemの多種多様な標準品、およびプリアンプ内蔵の使いやすい検出器モジュールに加え、Vigo systemは様々な測定システムと広い範囲のアプリケーション用に、完全なソリューションを提供しています。

PIPは、プログラム可能な「スマート」プリアンプです。現代的な内部構成により、優れた信号パラメーターと高い信頼性に基づいた高度な柔軟性を提供しています。内蔵電圧モニターによって、ユーザーは作業条件(電源電圧、検出器バイアス電圧、最初と最後の出力電圧オフセットなど)を確認することができます。

  • ゲインの変更
  • カップリングの変更(AC / DC)
  • 第一段階のインピーダンスの最適化(入力ノイズと全体的帯域幅)
  • 帯域幅を1.5 MHz以下に減少(広帯域ノイズ抑制と微弱信号観測)
  • 手動または自動でオフセット電圧を抑制

· 最適化されたパラメーターは、すぐに内部EEPROMメモリーに保存され、電源投入後自動的にロードされます。
· 出荷時設定へのリセットがいつでも利用可能で、手動で、動作と操作の両方で簡単で安全にできます。
· 場合によっては、検出器のバイアス状態を調整できますが、検出器の安全性のために、この機能は、工場内でのデフォルト設定でブロックされています。

特徴

  • コンパクトサイズ
  • 高い信号対雑音比
  • 2、3、4段ステージTE冷却器または非冷却検出器専用
  • ユーザーが設定可能なパラメーター
  • 出力電圧オフセット
  • 利得(40デシベルの範囲内)
  • バンド幅:
       150 kHz、1.5 MHz、20 MHz
       1.5 MHz、15 MHz、200 MHz
  • カップリングAC / DC
  • 検出パラメーター(場合によっては、制限あり)
  • プログラム可能なモジュールとプログラマブルコントローラは交換可能
  • 高度に柔軟な構成により、ユーザーは様々なシステムパラメーターのモジュールを適合可能
  • 追加アクセサリー利用可能
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 0.95  fo = 10 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 4.51) 7.01) first stage transimpedance = 5 kΩ first stage transimpedance = 1 kΩ
Low Cut-Off Frequency flo Hz DC/1k user configurable by software
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 150k/1.5M/20M3) 1.5M/15M/200M3) maximum values, with limited range of detector with „in circuit” filter activated
 Transimpedance Ki V⋅A-1 250 – 25k 1.25k – 125k first stage transimpedance = 5 kΩ first stage transimpedance = 1 kΩ
 Output Impedance Rout Ω  50  
 Output Voltage Swing Vout V ±1 with 50 Ω load applied
 Output Voltage Offset Voff mV  max ±204)  max ±10 DC coupling set AC coupling set
 Power Supply Voltage Vsup V ±9  
 Power Supply Current Isup  mA  typ ±80  max ±100  
 Dimensions mm×mm×mm  40×81.3×40  40×82.8×40  40×84.3×40  width×depth×height – with 2TE  width×depth×height – with 3TE  width×depth×height – with 4TE
 Operation Temperature T °C +5…+35  
 Storage Temperature °C -10…+50  
 Relative Humidity % 10…90  
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗
4)検出器の代わりに、入力における等価抵抗で測定。これは、環境熱放射の影響を避けるためです。

PIPカタログはこちら PIP-Datasheet
Vigo社 総合カタログはこちら

μIP マイクロサイズ プリアンプ Vigo system

特徴

・非常にコンパクトサイズ
・高い汎用性
・高感度:赤外線放射の偏光
・費用対効果の高いOEM版
・数量割引価格

アプリケーション

・ガスの検出・監視・分析
・CO2レーザ(10.6μm)測定
・レーザーパワーの監視と制御
・レーザービームプロファイリングとポジショニング
・レーザーキャリブレーション

μIPはトランスインピーダンス、ACまたはDC結合のマイクロサイズプリアンプです。
S-パッケージ付き標準、O-パッケージなしOEMの2種類のバージョンがあります。
μIPはTO39パッケージのバイアスまたは非バイアス非冷却ディテクタで動作することを意図しています。

マイクロサイズ プリアンプ カタログPDFはこちら

SIP 超小型プリアンプ  Vigo system

 

SIPは、ACまたはDCプリアンプ・カップリングの超低容量のトランスインピーダンス・プリアンプです。 OEM向け専用で外部ヒートシンクが必要です。(推奨アクセサリー参照)。

SIPは、バイアスまたは非バイアス、冷却または非冷却の検出器のいずれかで動作するように設計されています。

特徴

  • 非常に小さいサイズ
  • 高い信号対雑音比
  • 帯域幅250 MHzまで
  • 2段、3段および4段のTE冷却または非冷却検出器の動作専用
  • バイアスまたは非バイアス検出器と互換性
  • 調整可能なゲイン(100 MHzまでの帯域幅)
  • 電源電圧の超過および電源極性の反転から完全に保護
  • ご要求に応じてカスタム改造
  • 追加アクセサリーの利用可能
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 0.97 – 8.01)  fo = 10 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 0.2 – 3.51)  f= 10 kHz2)
Low Cut-Off Frequency flo  Hz  DC 10  to 10k DC coupling set AC coupling set
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 100k to 250M  
 Transimpedance Ki  V⋅A-1 up to 105  
 Transimpedance Range Kimax/Kimin up to 5  dependent on the high cut-off frequency
 Output Impedance Rout  Ω  50  
 Output Voltage Swing Rout  V  ±10 ±1  fhi ≤ 1 MHz 1 MHz < fhi ≤ 250 MHz RL = 1 MΩ3) RL = 50 Ω3)
 Output Voltage Offset Voff  mV  max ±204)  
 Power Supply Voltage Vsup  V  ±15 ±9 fhi ≤ 1 MHz, 1 MHz < fhi ≤ 250 MHz
 Power Supply Current Isup  mA  max ±50 no detector biasing
 Dimensions mm×mm×mm  27×44.5×25  27×49.4×25  width×depth×height – with uncooled detector in TO39  width×depth×height – with 2TE, 3TE, 4TE
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗
4)検出器の代わりに、入力における等価抵抗で測定。これは、環境熱放射の影響を避けるためです。

SIPカタログはこちら SIP-Datasheet
Vigo社 総合カタログはこちら

BIP OEM プリアンプ  Vigo system

 

PIP はプログラマブル “スマート” プリアンプです。

Vigo system HgCdTe赤外検出器とコンパクトなケースに収納されたプリアンプから成る赤外検出モジュールは、スペクトル応答範囲や時間応答特性および利得の異なる各種を用意しています。Vigo systemの多種多様な標準品、およびプリアンプ内蔵の使いやすい検出器モジュールに加え、Vigo systemは様々な測定システムと広い範囲のアプリケーション用に、完全なソリューションを提供しています。

http://www.vigo.com.pl/products/infrared-detectors 各項目のカタログ、図面などのpdfがダウンロード出来ます。
 · PIPデータシート
 · カタログ

BIPは、ACまたはDCプリアンプ・カップリングのトランスインピーダンス・プリアンプです。これは、OEM向け専用で、外部ヒートシンクが必要とされています(推奨アクセサリー参照)。 バイアスまたは非バイアスのTE冷却検出器のいずれかで動作するように設計されています。

特徴

    • 非常に小さいサイズ
    • 高い信号対雑音比
    • 帯域幅250 MHzまで
    • 2段、3段および4段のTE冷却検出器の動作専用
    • ご要求に応じてカスタム改造
    • 追加アクセサリーの利用可能
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 0.97 – 8.01)  fo = 10 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 0.2 – 3.51)  f= 10 kHz2)
Low Cut-Off Frequency flo  Hz  DC 10  to 10k DC coupling set AC coupling set
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 100k to 250M  
 Transimpedance Ki  V⋅A-1 up to 2×105  
 Output Impedance Rout  Ω  50  
 Output Voltage Swing Rout  V  ±10 ±2 ±1  fhi ≤ 1 MHz 1 MHz < fhi ≤ 20 MHz 20 MHz < fhi ≤ 250 MHz RL = 1 MΩ3) RL = 1 MΩ3) RL = 50 Ω3)
 Output Voltage Offset Voff  mV  max ±204)  
 Power Supply Voltage Vsup  V  ±15 ±9 fhi ≤ 1 MHz, 1 MHz < fhi ≤ 250 MHz
 Power Supply Current Isup  mA  max ±50  no detector biasing
 Dimensions mm×mm×mm  45×80.5×25  width×depth×height – with 2TE, 3TE, 4TE
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗
4)検出器の代わりに、入力における等価抵抗で測定。これは、環境熱放射の影響を避けるためです。

Vigo社 総合カタログはこちら

MIP 中サイズ プリアンプ  Vigo system

http://www.vigo.com.pl/products/infrared-detectors 各項目のカタログ、図面などのpdfがダウンロード出来ます。
 · PIPデータシート
 · カタログ

MIPは、ACまたはDCプリアンプ・カップリングのトランスインピーダンス・プリアンプです。
ベンチトップ(卓上用)でファン付き。ヒートシンクは不要
MIPは、バイアスまたは非バイアスのTE冷却検出器のいずれかで動作するように設計されています。

特徴

  • 非常に小さいサイズ
  • 高い信号対雑音比
  • 帯域幅250 MHzまで
  • 2段、3段および4段のTE冷却検出器の動作専用
  • ご要求に応じてカスタム改造
  • 追加アクセサリーの利用可能
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 0.97 – 8.01)  fo = 10 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 0.02 – 3.51)  f= 10 kHz2)
Low Cut-Off Frequency flo  Hz  DC 10  to 10k DC coupling set AC coupling set
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 100k to 250M  
 Transimpedance Ki  V⋅A-1 up to 205  
 Output Impedance Rout  Ω  50  
 Output Voltage Swing Rout  V  ±10 ±2 ±1  fhi ≤ 1 MHz 1 MHz < fhi ≤ 20 MHz 20 MHz < fhi ≤ 250 MHz RL = 1 MΩ3) RL = 1 MΩ3) RL = 50 Ω3)
 Output Voltage Offset Voff  mV  max ±204)  
 Power Supply Voltage Vsup  V  ±15 ±9 fhi ≤ 1 MHz, 1 MHz < fhi ≤ 250 MHz
 Power Supply Current Isup  mA  max ±50  no detector biasing
 Dimensions mm×mm×mm  40×81.3×40  40×82.8×40  40×84.3×40  width×depth×height – with 2TE  width×depth×height – with 3TE  width×depth×height – with 4TE MIP package F
 40×55.5×40  40×57×40  40×58.5×40  width×depth×height – with 2TE  width×depth×height – with 3TE  width×depth×height – with 4TE MIP package NF
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗
4)検出器の代わりに、入力における等価抵抗で測定。これは、環境熱放射の影響を避けるためです。

MIPカタログはこちら MIP-Datasheet
Vigo社 総合カタログはこちら

FIP 高速プリアンプ  Vigo system

http://www.vigo.com.pl/products/infrared-detectors 各項目のカタログ、図面などのpdfがダウンロード出来ます。
 · FIPデータシート
 · カタログ

FIPは、ACカップリングの高速トランスインピーダンス・プリアンプです。これは、高速赤外計測専用です。FIPプリアンプは、バイアスまたは非バイアスのTE冷却検出器のいずれかで動作するように設計されています。

特徴

  • コンパクトサイズ
  • 1GHzまでの広いバンド幅
  • 正確なI-V変換
  • +800mVまで可能な検出器バイアス
  • 低電流ノイズ
  • 高抵抗検出器との連携
  • 4段ステージの効率的な冷却
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 1.11)  fo = 100 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 51)  f= 100 kHz2)
Low Cut-Off Frequency flo  Hz  1k, 10k 3 dB
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 1G 3 dB
 Transimpedance Ki  V⋅A-1 8.5×103  
 Output Impedance Rout  Ω  50  
 Output Voltage Swing Vout  V  ±10 RL = 50 Ω3)
 Power Supply Voltage Vsup  V  +12 -5  
 Power Supply Current Isup  mA +100 -50  no detector biasing
 Dimensions mm×mm×mm  45×89.5×48.5  45×91×48.5  45×92.5×48.5  width×depth×height – with 2TE  width×depth×height – with 3TE  width×depth×height – with 4TE
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗

FIPカタログはこちら FIP-Datasheet
Vigo社 総合カタログはこちら

VIP スタンドアロン プリアンプ  Vigo system

http://www.vigo.com.pl/products/infrared-detectors 各項目のカタログ、図面などのpdfがダウンロード出来ます。
 · VIPデータシート
 · カタログ

VIPは、ACまたはDCカップリングのトランスインピーダンス・プリアンプで、スタンドアローンです。これは、BNCパッケージの非冷却、非バイアスのIR検出器専用です。

特徴

  • コンパクトサイズ
  • 高いS/N比20MHzまでのバンド幅
  • BNCパッケージの非冷却検出器の動作専用
  • ご要求に応じてカスタム改造
  • 追加アクセサリー利用可能
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 0.97 – 8.01)  fo = 10 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 0.02 – 3.51)  f= 10 kHz2)
Low Cut-Off Frequency flo  Hz  DC 10  to 10k DC coupling set AC coupling set
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 100k to 250M  
 Transimpedance Ki  V⋅A-1 up to 105  
 Output Impedance Rout  Ω  50  
 Output Voltage Swing Vout  V  ±10 ±2 ±1  fhi ≤ 1 MHz 1 MHz < fhi ≤ 20 MHz 20 MHz < fhi ≤ 250 MHz RL = 1 MΩ3) RL = 1 MΩ3) RL = 50 Ω3)
 Output Voltage Offset Voff  mV ≤20 DC and AC coupling set
 Power Supply Voltage Vsup  V  ±15 ±9 fhi ≤ 1 MHz, 1 MHz < fhi ≤ 250 MHz
 Power Supply Current Isup  mA  ±25  
 Dimensions mm×mm×mm  50×104×23.5  width×depth×height
 Weight g  260  
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗

VIPカタログはこちら VIP-Datasheet
Vigo社 総合カタログはこちら

QIP 4チャンネル プリアンプ  Vigo system

http://www.vigo.com.pl/products/infrared-detectors 各項目のカタログ、図面などのpdfがダウンロード出来ます。
 · QIPデータシート

QIPは、ACまたはDCカップリングで、4チャンネルのトランスインピーダンス・プリアンプです。ベンチ・トップまたはOEM用途専用ですが、場合によっては、外部ヒートシンクが必要とされます。
QIPは、バイアスまたは非バイアスのいずれかで、非冷却、4分割検出器で動作するように設計されています。

特徴

  • 超小型サイズ
  • 高いS/N比
  • 100MHzまでのバンド幅
  • 非冷却で4分割検出器の動作専用
  • 過電圧の印加および逆極性電源から完全保護
  • ご要求に応じてカスタム改造
  • 追加アクセサリー利用可能
仕様
Parameter  Symbol  Unit  Typical
Value
 Conditions, Remarks
 Input Noise Voltage
Density
en nV⋅Hz-1/2 0.97 – 8.01)  fo = 10 kHz2)
Input Noise Current
Density
in nV⋅Hz-1/2 0.2 – 3.51)  f= 10 kHz2)
Low Cut-Off Frequency flo  Hz  DC 1k, 10k DC coupling set AC coupling set
 High Cut-Off Frequency fhi Hz 100k to 100M  
 Transimpedance Ki  V⋅A-1 up to 2×105  
 Transimpedance Range Kimax/Kimin up to 5  dependent on the high cut-off frequency
 Output Impedance Rout  Ω  50  
 Output Voltage Swing Rout  V  ±10 ±1  fhi ≤ 1 MHz 1 MHz < fhi ≤ 100 MHz RL = 1 MΩ3) RL = 50 Ω3)
 Output Voltage Offset Voff  mV  max ±204)  
 Power Supply Voltage Vsup  V  ±15 ±9 fhi ≤ 1 MHz, 1 MHz < fhi ≤ 100 MHz
 Power Supply Current Isup  mA  max ±50 no detector biasing
 Dimensions mm×mm×mm  50×58.5×50  width×depth×height
電気的特性@Ta =20℃

1)プリアンプのノイズは、いくつかの状況では、システム性能を大幅に低下させることがあります。これは、高周波数で動作する大容量検出器で起こります。
2)fo – ノイズ測定周波数
3)RL負荷抵抗
4)検出器の代わりに、入力における等価抵抗で測定。これは、環境熱放射の影響を避けるためです。

QIPカタログはこちら QIP-Datasheet
Vigo社 総合カタログはこちら

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877