ダイクロイック プレート ビームスプリッター Optics Division of Spectral Products

.


Spectral Poducts社の製品一覧はこちら


高出力レーザー用 ダイクロイック プレート ビームスプリッター

ロング/ショート ウエイブ パス フィルター/コンバイナー
Long/Short Wave Pass Filters/Combiners

材料 UV 溶融石英 または BK7
有効径 >85%
スクラッチ ディグ レギュラー プレート ウインドウ 10-5
超薄型プレート ウインドウ 60-40
フラットネス レギュラー プレート ウインドウ λ/10 @633nm  
超薄型プレート ウインドウ λ/10 per mm @633nm  
厚さ レギュラー プレート ウインドウ 0.25″ ±0.01″  
超薄型プレート ウインドウ0.15mm ±0.02mm  
角度変位 ±3 arc min
べーベル <0.5mm @45˚ typical
反射率 1st 面:   反射率 R≥99.5%  波長指定
2nd 面:  ARコーティング反射率, Rp≤0.25%, Runp≤0.75%, Rs≤1.3% @45˚
透過率 ロング ウエイブ パス(指定波長の長波長側の透過率の平均):  Tave >90%
ショートウエイブ パス(指定波長の短波長側の透過率の平均):  Tave >85%
ダメージしきい値 10J/cm2, 20ns, 20Hz; 1MW/cm2, CW @1064nm

スペクトラル オプティクス(Spectral Optics)のダイクロイック プレート ビームスプリッターは2つの違った波長を分離または結合させます。これらはLWP ロング ウエイブ パス、SWP ショート ウエイブ パス フィルター(コンバイナー)と呼ばれます。長波長の範囲を最大に透過させるのをロング ウエイブ パス、短波長の範囲を最大に透過させるのをショート ウエイブ パスと呼びます。 ダイクロイック プレート ビームスプリッターは通常入射角(ほぼ)垂直または45°で使用します。 高反射の波長領域すなわち低い透過率の波長範囲はミラーと似ています。 

 長波長領域の透過率は短波長領域の透過率よりも常に高くなります。透過を良くするために、光学系をロング ウエイブ パスで設計されることを推薦します。

お見積・お問合せはコチラ>>

プレート ダイクロイック ビームスプリッター RPDBS-

1. レギュラープレート ダイクロイック ビームスプリッター: RPDBS –  
Tpol λ –  Rpol λ – 
AOI –  Size –  Material

RPDBS

透過偏光Tpol 波長λ (nm)

反射偏光Rpol波長λ (nm)

入射角

サイズコード

材料

 

スタンダード波長:

248, 257, 266, 343, 

355, 400, 515, 532, 

633, 800, 1030, 

1064, and 1550

 

Ts λ, for S-pol
Tp λ, for P-pol
Tunp λ, for unpol.

Ex, Tp1064: 
Transmission P-pol 

for 1064nm

 

スタンダード波長:

248, 257, 266, 343, 

355, 400, 515, 532, 

633, 800, 1030, 

1064, and 1550

 

Rs λ, for S-pol
Rp λ, for P-pol
Runp λ, for unpol.

Ex, Rs633: 

Reflection S-pol 

for 633nm

0°,
45°

-100-
(直径1.0″)

-FS

-BK

-150-
(直径1.5″)

-FS

-BK

-200-
(直径2.0″)

-FS

-BK


お見積・お問合せはコチラ>>

超薄型プレート ダイクロイック ビームスプリッター STDBS-

2. Super Thin プレート ダイクロイック ビームスプリッター:  STDBS –
Tpol λ –  Rpol λ – AOI –  Size

STDBS 透過偏光Tpol波長 λ (nm) 反射偏光Rpol 波長λ (nm) 入射角AOI サイズコード

 

スタンダード波長:

355, 400, 515, 532, 633,

800, 1030, 1064, and 1550

 

 

Ts λ, for S-pol
Tp λ, for P-pol
Tunp λ, for unpol.

Ex, Tp532: 
Transmission P-pol 

for 532nm

 

スタンダード波長:

355, 400, 515, 532, 633,

800, 1030, 1064, and 1550

 

Rs λ, for S-pol
Rp λ, for P-pol
Runp λ, for unpol.

Ex, Rs1064: 

Reflection S-pol 

for 1064nm

0°,
45°
-025
(直径25mm)

<例>
RPDBS-Tp532-Rs633-45-150-BKRegular Plate Dichroic BeamSplitter, Transmitting P-pol 532nm, Reflecting S-pol 633nm, Angle of Incidence 45˚ 1.5“, BK7 glass.

・各波長とそれぞれの入射角と偏光をお知らせください。
・他の波長も可能です。
・透過波長Tλと反射波長Rλが近すぎる場合は、お問い合わせください。

モレキュラーフュージョン ボンディングについて

モレキュラーフュージョン ボンディング 分子融合結合は、光学的に制御された表面を永久に接着するスペクトラル オプティックス社(Spectral Optics )の固有のテクニックです。高度で柔軟性のあるプロセスは、コーティングの表面で接着剤や他の材料を使用しない、安定した物理的に頑丈なコンポーネントを製造しています。その結果、固体成分の機械的強度と光学的に接触インターフェイス、バルクの強さがダメージしきい値です。幅広い温度範囲での使用を可能とします。分子融合結合はまた、今までにない構造を可能にし、コーティングされた光学コンポーネントの新しい種類を創り上げ ます。分子融合の接着部分への機械的な分離の試みは、接合部がはがれる前に、バルク材の破砕という結果に終わってしまいます。

分子融合のテクニックは、スペクトラル オプティックス社(Spectral Optics )では、すでに幅広い範囲に適用しています。さらに新しく革新的な使用についても現在研究を進めています。このアプローチは、コーティングされていない表面、コーティングされている表面の両方において可能であり、光学的品質にネガティブな影響は与えません。分子融合を使用して、でこぼこの表面を接着させることさえも可能です。

お見積・お問合せはコチラ>>


お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877