レーザービームデリバリー Laserpoint


Laserpoint社はレーザー技術、研究開発、専門の技術者がおり、
レーザー測定器の開発と製造で30年以上の歴史があります。ISO9001認証の企業になります。
Laserpoint社の製品一覧はこちら

レーザービームデリバリー

レーザービームデリバリー Laserpoint

レーザービームデリバリー コンポーネントは、以下のような用途に適しています。

・2本の光ファイバー間の高効率光出力カップリング(ファイバーからファイバーカプラー – FFC )
・レーザービームを分岐・屈曲して作業領域に到達させ、レーザー出力を監視(ビームベンダー – BB またはビームスプリッター – BS)


ファイバーtoファイバーカプラー

FFC-Rは、単一波長または複合波長のレーザ光を効率よくユーザーファイバーにカップリングするためのファイバーtoファイバーカプラーです。
フリースペースレンズを用いたカップリング設計により、信頼性と再現性の高いレーザー出力をユーザーファイバーへ、つまり作業領域へ確実に届けることができます。この装置は、出力ファイバーと入力ファイバーのコア比が1.5以上の大きなコアの出力ファイバーへのレーザーパワーのカップリングに適しています。

FFC-Rは、一次光からの効率的なカップリングに加え、赤色の照準光のレーザーダイオード(LD)をユーザー出力ファイバーに同軸でカップリングしています。

FFC-Rは、赤色の照準ビーム(FFC)なしで提供することも可能です。

カプラと同じ機械設計(FFC-660)を使用して、660nmで動作するクラス III B レーザダイオードを効率的に結合できます。


ビームベンダー / ビームスプリッター

ビームベンダー(BB)シリーズは、15.5mmの有効口径で反射ビームを90°角変位させることが可能です。
反射率(%R) > 98% 波長オプション付き。

ビームスプリッター(BS)シリーズは、10.0mmの有効口径で反射ビームの90°の角度変位を提供し、透過ビームの横方向の変位は最小限に抑えられています。

BBシリーズとBSシリーズには以下の特徴があります。
・独立した直交スプリッターの調整により、正確で再現性のあるアライメントが可能
・アライメントに影響を与えることなく、光学系の取り外しや交換が可能
・表面と側面に取り付け穴があり
・密閉設計
・陽極酸化アルミ構造


モデル番号

最大出力(レーザー)

スペクトル範囲(レーザー)

最大出力(赤)

スペクトル範囲(赤)

外形寸法

FFC

10 W

0.8 – 1.0 µm

N.A.

N.A.

Ø 12 x 36.5 mm

FFC-660

10 W

0.8 – 1.0 µm

20 mW

0.652-0.664 µm

Ø 12 x 36.5 mm

FFC-R 

10 W

0.8 – 1.0 µm

0.35-1.0 mW

0.630-0.643 µm

Ø 12 x 36.5 mm


モデル番号

% R

% T

有効径

外形寸法

BB

N.A.

N.A.

15.5 mm

60 x 60 x 58.5 mm

BS

N.A.

N.A.

10.0 mm

60 x 60 x 72 mm

BS-50-50

50

50

10.0 mm

60 x 60 x 72 mm


お見積・お問合せはコチラ>>

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877