高速ICCDフレーミングカメラ Stanford Computer Optics

高速ICCDフレーミングカメラ



STANFORD COMPUTER OPTICS


スタンフォード コンピューター オプティックス
高速ICCDカメラ
 XXRapidFrame   高速ICCD フレーミングカメラ
・個別CCDチャンネルを組み込むマルチチャンネルICCDカメラシステム  4ch、6chまたは8ch
・チャンネルは4Quick Eまたは4Picos ICCDカメラをベースにします。
・最高8フルフレーム解像度の画像を最大1000億フレーム/秒で超高速記録
・高解像度CCD 1360 x 1020 ピクセル
・ミラーベースのイメージスプリッタは、広帯域スペクトルVISからNIRへのスペクトル感度(UVオプション) 概要高速マルチチャンネル フレーミングカメラXXRapidFrameは、単一の光入力、画像スプリッタ ユニット、
最大8つの個別に制御されたCCDチャンネルで構成されています。
 超高速フレーミングカメラXXRapidFrameは、4 Quick E ICCDカメラまたは4 Picos ICCDカメラを組み込みます。
最短のゲート時間はそれぞれ1.2nsおよび0.2nsです。
マルチチャンネル フレーミングカメラは、10ps (4Picos)と100ps (4Quik E)のインターフレーム遅延で最大8枚の画像を記録できます。
これにより、最大1000億フレームレートで撮影された連続画像シーケンスが可能になります。

個別に制御可能なICDDカメラ
インテンシファイドCCDチャンネルは、高分解能イメージインテンシファイア及びCCDセンサを有します。
インテンシファイドCCDチャンネルは個別に最先端のエレクトロニクスによってリモートコントロールができます。

フレーミングカメラの理想的デザイン 解像度、シェーディング、または視差を損なうことなく、最大8個の個別チャンネルを提供します。
ミラーベースのイメージスプリッタデザインは、一定の強度分割を保証します。
この手法は、UVからNIRスペクトル領域の測定を可能にし、フォトカソードの全スペクトル感度で測定を可能にします。
標準として、XXRapidFrameは380nmから1300nmまでのスペクトル感度、また200nm以下までUV強化画像スプリッタによって拡張することができます。
 超高速イメージング超高速シャッタースピードと最小10pc (4 Picos テクノロジー) と100ps (4 Quick E テクノロジー)のインターフレーミング遅延により、雷の出現などの超高速現象を撮影することができます。したがって、マルチチャンネルフレーミングカメラXXrapidFrameは、あらゆる分野の科学者やエンジニアに超高速画像処理の究極のパフォーマンスを提供します。

XXRapidFrameの詳細テクノロジーセクションで高速シャッターシステムの詳細な説明はこちらをご覧ください。
フレーミングカメラXXRapidFrameの詳細については、XXRapidFrameのパンフレットに記載されています。または、弊社にお問い合わせください。

パンフレット PDF
図面 PDF

アプリケーション燃焼研究
超高速度画像
電子線硬化
スプレーおよび粒子分析
核融合反応診断

仕様

パラメータ

4ピコス技術に基づくXXRapidFrame


4 Quik Eテクノロジーに基づくXXRapidFrame
最短ゲーティング時間 0.2ns 1.2ns
最短インターフレーム時間 0.01ns 0.1ns
タイミング制御ステップサイズ(ゲートと遅延時間) 0.01ns 0.1ns
ジッタ <0.01ns <0.02ns
ダブルフレームインターフレーム時間(2フレーム1チャネル) 500ns 500ns
個々のICCDカメラパラメータ 4 Picos参照 4 Quik E参照
トリガ伝搬遅延(TTL信号) 内部ゲートパルス:67〜72ns
トリガ入力 TTL、高電圧(100V)または光ファイバコネクタ
ミラーベースのイメージスプリッタのスペクトル感度 標準:380〜1300nm(スプリット光学系によって制限される)
オプション:200〜1300nm(UV強化スプリット光学系)
注:システム感度は、フォトカソードに依る。photocathode.
フォトカソード 標準:S20(UV)、S25(IR) その他オプションあり
CCDセンサーの解像度 標準解像度SR:782 x 582ピクセル

高解像度HR:1360 x 1024ピクセル
ピクセルサイズ 標準解像度SR:8.3 x8.3μm 

高解像度HR:4.7 x4.7μm
ダイナミックレンジ 標準:12ビット  オプション:14ビット
カメラインタフェース USB 2.0
サイズ 4, 6または8チャンネル:625×325×375mm
重量 4、6、8チャンネル:32kg、35kg、38kg
電源 12V±5%

ソフトウェア4Spec Eソフトウェア スイートは、カメラコントロール、ライブモニター、イメージングエディター、
および分光分析の4つの機能モジュールをすべて1つのソリューションとして提供します。

したがってICCDカメラの操作、データの収集、分析、および処理に最適なツールです。

詳細な情報については、技術的な説明、データシート、または当社にお問い合わせください。







ソフトウェアについてこちらの詳細ページをご覧ください





アクセサリー1. 分光計アダプター

スタンフォードコンピューターオプティクスのICCDカメラは、分光器またはモノクロメーターと

組み合わせて広く使用できます。当社の強化されたCCDカメラには、すべての一般的な分光器メーカー用のアダプタを装備することができます。



2. 真空ラウンジ

スタンフォードコンピューターオプティクスのICCDカメラ内にはCF 63真空ラウンジが装備されています。

カメラのフロントエンドは真空キャンバー内にあり、イメージインテンシファイアの入力ウィンドウは真空終了として機能しています。この構造により、空冷されたカメラエレクトロニクスの確実な動作が可能になり、真空からの光電陰極への直接アクセス、例えばMgF2ウィンドウを提供することができます。



3. 入力レンズマウントシステム

Stanford Computer Optics, Inc.のすべてのICCDカメラには、最高の精度と最高のユーザー操作体験を提供するカスタマイズされた高速取り付けシステムが付属しています。このマウントシステムは、ICCDカメラの高いイメージング品質を保証し、多目的アプリケーションに柔軟性を提供できます。

カスタマイズされたマウントシステムのための様々なアダプタが利用できます。

デフォルトでは、ICCDカメラにはCマウントアダプタが装備されています。

アダプターはオーダーで指定する必要があります。



標準:Cマウントアダプター (付属)

オプション:Fマウントアダプター (Nikon)

その他のリクエストにも応えます。

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877