波長板 RMI


RMI社は1957年に設立され、全スペクトル(遠紫外線から遠赤外線まで)の光学部品、
薄膜コーティング、光学アセンブリ、レーザーおよび
イメージングアプリケーション用の光学機械部品の設計と製造を行なっています。

ゼロオーダー波長板


波長板は偏光の合成や分析に使用されます。λ/4波長板は、直線偏光の光を円偏光の光に変換し、逆に直線偏光の光を円偏光の光に変換します。λ/2波長板は、直線偏光の偏光面を任意の角度で回転させます。また、左の円偏光を右の円偏光に変換したり、逆に左の円偏光を右の円偏光に変換したりします。

ゼロオーダー波長板は、同じような厚さの石英またはサファイアの板を2枚重ねて作られており、
直交するように配置された光軸と一緒に光学的に接触しています。

リターデーション(遅延)は波長によってゆっくりと変化するため、波長可変光源や広帯域光源に適しています。リターデーションは、2枚のプレート間の厚さの差の関数であり、基本的には温度に依存します。

仕様

材質 クリスタルクオーツ
入射角
反射角 90°
構造 2枚の組み合わせ
透過波面 633 nmでλ/ 4
スクラッチディグ(両面) 10-5
直径誤差 + 0.000, – 0.25mm
厚さ 2.0 mm (nominal)
ウェッジ ≤ 0.5 arc seconds
チャンファー 最小安全面取り
有効径 エッジ寸法の中央85%
反射防止コーティング 表面あたりR≤0.25%、
遅延許容範囲 λ/100 – λ/600

マルチオーダー波長板


波長板は偏光の合成や分析に使用されます。λ/4波長板は、直線偏光の光を円偏光の光に変換し、逆に直線偏光の光を円偏光の光に変換します。λ/2波長板は、直線偏光の偏光面を任意の角度で回転させます。また、左の円偏光を右の円偏光に変換したり、逆に左の円偏光を右の円偏光に変換したりします。

マルチオーダー波長板は、単一の水晶またはサファイアのプレートから作られています。

リターデーション(遅延)は波長によって急速に変化するため、一般的には設計波長でのみ使用できます。リターデーションはプレートの厚さの関数でもあり、熱膨張により若干温度が下がります。

仕様

材質 クリスタルクオーツ
入射角
反射角 90°
構造 シングルマルチオーダープレート
透過波面 633 nmでλ/ 10
スクラッチディグ(両面) 10-5
直径誤差 + 0.000, – 0.25mm
厚さ 2.0 mm (nominal)
ウェッジ ≤ 0.5 arc seconds
チャンファー 最小安全面取り
有効径 エッジ寸法の中央85%
反射防止コーティング 表面あたりR≤0.25%
遅延許容範囲 λ/100 – λ/600
お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877