中空ビームスプリッティング ペンタミラー PLX社


PLX社は1955年に設立された、高品質のリトロリフレクターを提供致します。
PLX社は長年にわたり、非常に高い製品規格、品質管理、および納期の賞を受賞しています。

中空ビームスプリッティングペンタミラー

 

型式:HBPM (Hollow Beamsplitting Pentamirror)


中空ビームスプリッティングペンタミラーは、
ペンタミラーの性能を再現するためにPLXによって開発された定偏差デバイスになります。
HBPMは測量、実験室での実験、および様々な計測アプリケーション向けの
強力で用途の広いツールです。このデバイスにより、追加の出力ビームを生成しながら、
入射光を非常に正確に90°偏向させることができます。これらの出力も互いに90°になります。
アセンブリは不変であるため、90°の偏差やその固有の精度を損なうことなく、
回転などの動きが可能です。中空ビームスプリッティングペンタミラーアセンブリの光学素子は、
溶融シリカガラスで作られたモノリシック構造であり、
黒色アルマイト仕上げのアルミニウム筐体に取り付けられています。
これらは、1 “および2″の有効径で利用でき、精度は1秒角よりも優れています。
中空の光学アセンブリとして、固体のペンタプリズムのように波長の制限はありません。
PLXの標準HBPMは、400〜700nmの可視スペクトルで動作するように設計されています。
他の波長間隔もカスタマイズベースでサポートできます。
この汎用性とその固有の精度により、HBPMは実験や測量用の直交光軸の設定に最適です。
ビームスプリッター付きペンタ:これはフラットミラーとビームスプリッターを互いに45°
で取り付けた組み合わせです。

2つのビームスプリッターを組み込んだオプションの構成も提供できます(以下を参照)。
これはHBPMの多様性をさらに強調しています。

この構成では4つの出力を生成できます。
ご興味のある方は、見積もり依頼時にこのオプションをお問い合わせ下さい。
PLX中空ビームスプリッティングペンタミラーは、以下の表の通り2種類の有効径があります。
より多くの出力のために2つのビームスプリッターを備えたオプションの構成はお問い合わせ下さい。

カタログNo, HBPM-10 HBPM-20
有効径(in/mm) 1.0/25 2.0/51
ビーム偏差(秒) 1.0 – 30.0 1.0 – 30.0
波面(P.V. 633nm) 0.1 – 0.5 0.1 – 0.5
重さ(g) 685 1650
図面 Click Here Click Here
3Dモデル Click Here Click Here

 

データシートはこちら

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877