HgCdTe (MCT)クワドラント(4分割)赤外検出器 VIGO Photonics

アクティブ面が2つ以上の素子で構成されている赤外線検出器。
フォトダイオードやフォトコンダクタを用いた4分割構造のディテクタを提供しています。
防衛・セキュリティ用途やXY・差動計測に最適です。

PVMQ-10.6 2.0 - 12.0 µm 室温動作・フォトボルティックマルチジャンクションHgCdTeクワドラント(4分割)赤外検出器

PVMQ-10.6 2.0 - 12.0 µm 室温動作・フォトボルティックマルチジャンクションHgCdTeクワドラント(4分割)赤外検出器

PVMQは最高の性能と安定性を実現するために、洗練されたHgCdTeヘテロ構造をベースにした非冷却型フォトボルティック(光起電力)マルチジャンクションクワドラント赤外検出器です。
クワドラント検出器は4つのアクティブな素子をクワドラント(4分割)形状に配置したものです。
このデバイスは10.6µmで最大の性能を発揮するように最適化されています。
PVMQディテクタの主な用途はレーザービームのプロファイリングと位置決めです。

特徴

  • 2.0~12.0µmの波長域で高い性能を実現
  • 室温動作
  • バイアス不要
  • 1/fノイズ無し
  • DCから高周波まで動作可能
  • 赤外線放射の偏光に高感度



スペクトル応答(Ta = 20°C)

PVMQ



仕様

PVMQ2


▶ PVMQ-10.6 カタログはこちら
▶ TO8パッケージ 図面はこちら


お見積・お問合せはコチラ>>


PCQ-10.6 1.0 - 12.0µm 室温動作・フォトコンダクティブクワドラント(4分割)HgCdTe赤外検出器

PVMQ-10.6 2.0 - 12.0 µm 室温動作・フォトボルティックマルチジャンクションHgCdTeクワドラント(4分割)赤外検出器

PCQは最高の性能と安定性を実現するために、HgCdTeヘテロ構造を用いた非冷却型フォトコンダクティブ(光伝導)クワドラント赤外検出器です。
クワドラント検出器は4つのアクティブな素子をクワドラント形状に配置したものです。
このデバイスは10.6µmで最大の性能を発揮するように最適化されています。
検出器は最適なバイアス電圧と電流読み出しモードで動作させる必要があります。
低周波での性能は1/fノイズにより低下します。
PCQ検出器の主な用途は、レーザービームのプロファイリングと位置決めです。

特徴

  • 1.0~12.0µmの波長域で高い性能を実現
  • 室温での動作が可能
  • 長寿命とMTBF
  • 安定性・信頼性
  • 1/fノイズ



スペクトル応答(Ta = 20°C)

PCQ1



仕様

PCQ2


▶ PCQ-10.6 カタログはこちら
▶ TO8パッケージ 図面はこちら


お見積・お問合せはコチラ>>

.

vigo_logo_20220510


VIGO Photonics社は1987年に設立された赤外検出器の世界的メーカーです。
弊社はVIGO Photonics社の正規代理店です。 Vigo社の製品一覧はこちら

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877