GLAD 光学系サンプル AOR Applied Optics Research

Applied Optics Research
アプライド オプティックス リサーチ社
General Laser Analysis and Design
GLAD

GLADについて

GLADプログラムは1983年に設立されてから過去30年以上にわたって開発されており、モデリング アプリケーションの数千に適用されています。
毎年新しく、挑戦的なモデリングの問題の数百を解決することが、私たちの継続的な改善につながる新機構と新しい例を開発するためのインスピレーションになっています。

GLADは完全解析伝搬、レーザー利得の詳細な処理、多くのレーザー効果を含む、完全な分析をレーザーと物理光学システムのモデル化を行います。GLADは困難で複雑なモデリングの問題を処理します。

GLADの応用

誰もがコヒーレント光(または部分的なコヒーレント光)の動作について、このプログラムから恩恵を得ることできます。GLADのユーザーは簡単な光学系、高度で複雑、複数のレーザー構成の両方のモデル化が出来ます。
コードは、ビーム トレインの全てのタイプと回折効果、アクティブ メディア、アパーチャー、レンズとミラー、収差を含むレーザーデバイスの全てを分析するに設計されます。

GLADでは、光ビームは矩形コンピューターアレイを使用して、複素振幅によって表されます。これは最も一般的で強力なアプローチです。このような幾何学的なレイ トレーシング、ガウス光線伝搬、ABCD方法、回転対称伝搬法などの古い方法は、パワーと汎用性に於いては比較になりません。

GLADは、市販レーザー装置、レーザー研究、実験、ステーブル、アンステーブル共振器レーザー、トランジェント レーザー レスポンス、フォトリソグラフィー、ビーム制御のための高性能な位相板、回折効果、単一及びマルチプルモード ウエイブガイドの最先端の物理光学モデリングの多様多種な用途に適用されています。

GLADの特徴

モデリング

  • シンプルな従来型システム、複雑な複数のレーザービーム トレイン
  • コヒーレントとインコヒーレントの相互作用
  • 非線形ゲイン モデル
  • レンズ、ミラー: 球面、トロイダル、シリンドリカル
  • 一般的開口形状
  • 近、遠視野回折伝搬
  • ステーブル、アンステーブル共振器モデリング
  • 収差: Seidel、Zernike、位相グレイティング、平滑ランダム波面
  • レンズ アレイ、ミラー アレイ
  • 可変サイズ アレイ 32,768 x 32,768 (GLAD 64 bit)
  • 長方形アレイと分割可能な回折理論
  • 複数の独立したレーザービーム トレインの伝搬
  • 自動伝搬技術制御
  • 共振器設計のための特別な機能
  • ゲイン シート、レート方程式動力学
  • グローバル座標系と幾何学的な収差
  • 任意のミラーの位置および回転
  • ラマン、4波長ミキシング、周波数ダブリング
  • 高フレネル数
  • 大気収差のKolmogorovモデル
  • サーマル ブルーミング
  • セルフ フォーカス効果
  • Zonal補償光学モデル
  • フェイズ コンジュゲイション
  • 偏光モデリング
  • パーシャリー コヒーレント モデリング
  • 変数屈折率モデリング
  • ABCDプロパゲーター
  • 光ファイバーと3D導波路
  • バイナリーオプティックスとグレイティング
  • 高NA対物レンズのベクトル回折
  • M2 特性評価
  • 位相回復法
  • 有限要素熱モデリング
  • 位相回復と シミュレートしたアニーリング最適化

最適化

  • 任意の構成の最小二乗最適化
  • ユーザー定義のメリット関数
  • 全てのシステム パラメータは、変数の最適化として使用出来ます。

幾何光学

  • レンズ群が定義され、従来の幾何光学的方法を用いて分析出来ます。

ユーザー インターフェイス

  • 相互作用コマンド構造
  • 総合設計環境 (IDE)
  • グラフィック表示:アイソメトリック、プロファイル、偏光、等高線プロット
  • 拡張グラフィックス:ビットマップ、組み合わせアイソメトリックと等高線プロット、Windows印刷とメタファイル
  • Windowsメタファイル(*.wmf)にグラフィックスの変換とPostScriptのためのユーティリティー
  • コマンドのマクロ
  • 代数的表現とコマンドでユーザー定義変数
  • 前処理および後処理のためのユーザープログラムとのインターフェイス
  • システムの全てのタイプの90以上例

コマンド言語

GLADは問題を敏速で便利に設定出来るように、シンプルでありながら強力なコマンド言語を持っています。コマンド言語を容易に学習するためにたくさんのサンプルを用意しました。複雑なシステムのモデル化を支援するために、洗練されたマクロ言語を提供してます。

お使いになり、学ぶことが簡単

GLADは、使いやすいように設計されています。コマンドは記憶を助けます。プログラムは相互作用的にコマンドのファイルと共に動きます。コードと一緒に配布されている90以上の例の中からすぐに作業が開始出来ます。応用の広い90以上の例、理論的基礎、コマンドの説明を記述が記載されています。

自動アルゴリズム選択

GLADは正確な数値解析のために、必要な詳細情報を扱うことにより、回折計算が容易になります。回折計算は近視野、遠視野の計算のために異なるアルゴリズムを採用します。GLADは過剰なエイリアシング エラーを回避するために、自動的に適切なアルゴリズムを選択します。

完全にサポート

AOR社は1年間の無料テクニカル サポートを提供しています。国際的な顧客のためにFAX、E-メールで敏速で便利にGLADのテキスト ベース コマンド形式でサポートします。

保証

1年間 (拡張可能)  欠陥は無償で直します。

GLAD 光学系サンプル

より多くの情報を入手するには以下のリンクのいずれかをクリックして、GLADによってモデル化することができる光学系を説明します。

ラマンアンプ

不安定共振器

導波管スイッチ

QスイッチYAGレーザ

例 17 ラマンアンプ (ラマン増幅器)

これは、ラマン増幅器の一例です。これは本質的な問題ではありませんが、代わりに、より簡単にいくつかの効果を説明するために、高度に様式化されています。

この例は、より短い波長の励起ビームによるシード光のラマン増幅を示す図です。励起ビームは1.06μmで、シード光は1.54μmです。シード光とポンプ光の両方は収差されます。シード光は、多少ビームをクリーンアップする空間フィルターを通過します。シード光と励起光を結合させ、ラマン増幅器を通過させます。増幅器は、励起光をデプレッションし、シード光を増幅します。このモデルでは、励起光の位相のいずれも、シード光にインポーズされていません。励起光とシード光の両方の放射照度分布は、アパーチャー端での回折とビームの収差による効果を示します。シード光の出力は、非回転対称の光学素子の使用を示すシリンドリカルレンズと矩形アレイの使用によって、線焦点にもたらされます。コードは、両方向で優れた分解能を達成するために、自動的に行列単位を決定されることに注意してください。

You may “expand” or click on the image to see a high resolution Scalable Vector Graphic (SVG) image. You will need to have the free SVG plug-in installed in your browser. www.adobe.com/svg/

初期の励起光強度を任意に選択しました。励起光の強度は、強度変化に変換される位相収差を引き起こし、ラマン増幅器内の励起デプレッションによる伝播によって大幅に修正されます。(expand)
初期の励起位相分布は、かなりの収差を示しています。名目上の強度結合があるので、この収差のほとんどはシード光に転送されません。 (expand)
シード光のための任意の初期開始強度分布(expand)
初期シード光は、空間フィルターのクリーンアップ効果を説明するために、意図的に収差の多い状態で開始されます。(expand)
低次の収差、すなわち非点収差やデフォーカスを残して、空間フィルターはシード光からすべての高次収差を除去します。 (expand)
シード光によるエネルギー抽出のため、中心部に励起光のデプレッションを示すラマン増幅器後の励起光強度 (expand)
励起光の不均一な強度(回折伝播による)の一部は、シード光強度にインプリントされます。シード光が伝播するので、多少不規則な強度は、位相収差に変換されます。直接位相結合がなくても、シード光位相に励起光位相を結合する間接的なビームです。 (expand)
シード光の最終的なイメージは、シリンドリカルレンズの大幅な伸びを示します。シード光が空間フィルターによって十分にクリーンアップされ、励起光が収差をほとんど転送しないので、イメージにはほとんど収差がありません。(expand)

わずかにミスアライメントした不安定型共振器

以下のスクリーンキャプチャは、わずかにミスアライメントした不安定型共振器の分析を示しています。
右上の図は、フォールスカラー表示として、デバイスの出力のビーム形状を示している。スクレーパーミラーは、ミラーの中心をぼんやりさせ、ビームは、わずかなミスアライメントのため、トップが高い強度になっています。
左上の図は、等尺表示の出力ビームを示します。
右下の図は、遠視野分布を示します。
左下図は、収束につながる30パス以上の往復損失を示します。
テキスト入力は、中央左のウィンドウに表示されます。

例 87 光 スイッチ (導波管スイッチ)

この例では、GLAD導波路の機能の一部を示します。GLADは、ビーム伝播法(BPM)を使用して2Dおよび3Dの導波路の詳細なモデリングを行います。この例では、より高いインデックスガイド領域は、2つの光路に分割され、ある程度の距離を経て、マッハ・ツェンダー干渉計と同等のものを形成するために2つの光路が再結合されます。左上の導波路に入射した光は、導波路に従って進み、二つに分割され、光路が再会するときに再結合します。2つの光路の光路長が同一である場合、干渉が発生し、スイッチが「オン」です。光路長の180度の変化を起こすために、電気光学効果を利用して脚部の一方の屈折率を上昇させることで「オフ」にできます。

高解像度のスケーラブルベクターグラフィック (SVG) 画像を見るには、「拡大」するかまたは画像をクリックしてください。無料のSVGプラグインをブラウザにインストールしておく必要があります。www.adobe.com/svg/

導波路の中心を示しています。光は左から入ります。(expand)
左上から右下に構成するマッハ

  • ツェンダーを通じて伝播する光モード。伝播は、BPMの方法によって行われます。 (expand)
等高線図として示した光スイッチ。 (expand)
光スイッチの屈折率分布。(expand)
左脚の180度位相変化を生じさせる高屈折率の導波路領域。(expand)
「オフ」位置の光スイッチ。(expand)
破壊的な干渉。スイッチは「オフ」。 (expand).
破壊的な干渉(ビットマップビュー)。スイッチは「オフ」。 (expand)
破壊的な干渉(アレイビジュアライザービュー)。スイッチは「オフ」。(expand).

Q-スイッチ YAGレーザー

タイトル

これは、QスイッチYAGレーザーの一例です。構成は、以下に示します。

You may “expand” or click on the image to see a high resolution Scalable Vector Graphic (SVG) image. You will need to have the free SVG plug-in installed in your browser. www.adobe.com/svg/

このYAGレーザーは、エンドミラーとしての2つのルーフプリズム、電気光学Q-スイッチ、エネルギーがビーム品質の単純な尺度となるような集光レンズと円形アパーチャーへのアウトカップリングを有しています。 (expand)
Qスイッチレーザーの過渡応答のモデル化は、基底状態、下位レベルN1、上位れべるN2、および励起レベルの4つのレベルのモデルに基づいています。(expand)
光パルスのラウンドトリップ数の関数としての出力。瞬時出力のビューは、5往復と15往復で表示されます。(expand)
ビームのスペックル性を示す初期パルス中のQスイッチパルス(5往復後)の瞬時出力。
改善されたビーム品質を表す大きなスペックルを示す15往復後の瞬時出力。
アウトカップリングしたビーム内でピンホールを通過するエネルギーとして測定されたビーム品質対共振器の通過回数。(expand)

無料デモ CD ROM (Windows XP / Vista / 7 に対応)

デモはGLADプロ5.8のフル機能版です。すべての機能はアクティブです、すべての例は、完全なドキュメントと同様に供給されます。デモは使用制限された、徹底的な評価をするためにたくさん時間があります。

要求デモ

デモとダウンロードのためのユーザー名とパスワードを要求するには、氏名、所属の電子メールアドレス、住所を連絡​​してください。

いずれかを指定してください。

(1)CDを郵送

(2)ダウンロード  コー​​ドのダウンロードのための74メガバイトについて必要です

ダウンロードのデモ

氏名とパスワードが必要です。(glad@aor.com)

GLAD demo program, 32 bit, demo.exe, 32 (66 MBytes). Self-extracting: demo.exe.
GLAD demo program, 64 bit, demo_64.exe (72 MBytes). Self-extracting: demo_64.exe.

マニュアルのダウンロード

GLAD Commands Manual 5.8 (2.6 MBytes)
GLAD Theory Manual 5.8 (5.9 MBytes)
GLAD Examples Manual 5.8 (33.0 MBytes)

オンライン ドキュメント

PDF形式は、無料で利用できるAdobeのAcrobat Readerが必要www.adobe.com

GLAD Commands Manual 5.8 (3.6MB)
GLAD Theory Manual 5.8 (5.9 MB)
GLAD Examples Manual 5.8 (33.0 MBytes)
Notice for GLAD 5.8 and 2013 Course
Continuously changing atmospheric aberration (movie.zip). (3.6 Mbytes)

現在のライセンス保持者のための更新 (偏向されたファイルのみ)

Download updates for GLAD 5.8. (glad58.zip, 3 MBytes)
Download updates for GLAD 5.8 64 bit. (glad58_64.zip, 3.5 MBytes)
Download updates for GLAD 5.9. (glad59.zip, 4 MBytes)
Download updates for GLAD 5.9 64 bit. (glad59_64.zip, 4 MBytes)

その他のファイル

Text of GLAD license (849 Bytes)
Sentinel Protection Installer 7.6.5 (6.4 MBytes).
Download 32bit installer for Winhlp32.exe for Vista or Windows 7. Run the MSU file. Needed for HLP files.
Download 64bit installer for Winhlp32.exe for Vista or Windows 7, 64 bit. Run the MSU file. Needed for HLP files.
Download demo.zip to test tew18.dll.
Download patch_3745.exe for key 3745.

フルコード ダウンロード (氏名、パスワード、認証キーが必要です。)

Download full version for GLAD 5.9, 32 bit (setup_32.exe), 73 MBytes)
Download full version for GLAD 5.9, 64 bit (setup.exe), 80 MBytes)

GLAD  バージョン 5.9

GLADにはビーム トレイン、ステーブルとアンステーブル共振器、および、他のほとんどの光学系をモデル化するための強力な機能が含まれています。
全ての製品は出荷日からの技術サポート、保証、アップグレード{ダウンロードにより)が1年間あります。

GLAD Pro (59P) 特徴

  • エンジニアリング モデリングと高度(最新)の研究の両方に設計されています。
  • ネイティブ32bit コード、32bitと64bit両方のオペレーティング システムで実行します。
  • レーザー共振器:ステーブル、アンステーブル、リングレーザー
  • 詳細4レベルのレーザーゲイン
  • 有限要素熱モデル
  • 3Dジオメトリの伝搬
  • 傾斜および偏心ミラーの非点収差
  • 理想化された屈折素子
  • 誘電体導波路のモデル化
  • 回折伝搬マルチスレッドは二つのCPUをサポートします。
  • 傾斜と偏心ミラーの詳細なレイトレーシング計算
  • 傾斜と偏心のある複雑なレンズ群の詳細レイトレーシング計算
  • 全てのシステム パラメーターの減衰を含む最小二乗最適化
  • 詳細4レベル ゲインに3レベル ゲイン、半導体ゲインを含む
  • 非線形光学:ラマン、周波数ダブリング、4波長ミキシング、光制限、和周波発生
  • ジグザク アンプ
  • 大気の影響:乱流と熱ブルーミング
  • 高NA ベクトル回折計算
  • レンズ アレイの機能

GLAD Pro 64 追加の機能

  • ネイティブ 64 bit 。 MS Windows 64 bit オペレーション システムが必要です。GLAD 57P64のネイティブ コードが57Pよりも約40%高速になります。
  • 全ての利用可能なメモリにアクセスします。(2Gバイト アプリケーション メモリに制限はありません。)
  • セキュリティー ドングルはGLADプロ(32 bit)とGLAD64(64 bit)の両方をサポートしています。両方にアクセスできます。
  • 16CPUまで4レベル ゲインと回折伝搬のマルチスレッド
  • 短パルス効果のためのコヒーレント ゲイン

価格は日本国内価格を適応しています。

Part Number: Description: 価格
59P64 GLAD Pro 64 bit, Ver. 5.9 お問合せ下さい。
59P GLAD Pro, Ver. 5.9 お問合せ下さい。

アップグレード

Part Number: Description: 価格
59U7 Upgrade from Ver. 5.8 to 5.9 お問合せ下さい。
59U6 Upgrade from Ver. 5.7 to 5.9 お問合せ下さい。
59NU5 Upgrade from Ver. 5.6 to 5.9 お問合せ下さい。
お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877