ダイヤモンド X線ウィンドウ / X線ビームモニター/ X線フィルター Diamond Materials

ダイヤモンドX線ウィンドウ

ダイヤモンドは、非常に高い硬度、高い熱伝導性、化学的不活性など、多くの特性を持っています。また、ダイヤモンドは炭素で構成されており、X線に対して透明な低Z材料になります。

シンクロトロン加速器のホワイトビームX線窓は、低エネルギーX線の吸収により、高い熱負荷を受けます。CVDダイヤモンドウィンドウは、適切なエッジクーリング技術により、ベリリウムなどと比較して、はるかに高い出力レベルに対応できます。また、CVDダイヤモンドは無害な素材であるため、動作時の安全性も確保されています。

低いX線エネルギーでも高い透過率が得られるのは、円形のシリコンサポートディスクに薄いダイヤモンド膜を取り付けた場合になります。この膜の厚さは1μm程度まで小さくすることができます。開口部の大きさは、ウィンドウに対する最大圧力差によって決まります。

仕様とオプション

サイズ
2-70mmのフリー有効径
厚さ
5-1000μm
デザイン
効率的な水冷式ジャケット
UHV対応
250℃までのベークが可能
カスタムデザイン
素材
CVDダイヤモンド「オプティカルグレード」
表面
両面研磨、表面粗さ<10nm rms

お見積・お問合せはコチラ>>

.

CVDダイヤモンド
X線ビームモニター

従来のX線ビームポジションモニターは、X線ビームを遮るものであり、これを移動させるためには電動ステージが必要でした。一方、薄いダイヤモンド薄膜は、ビームの中に留まることができる透明なX線ビームポジションモニターを実現する可能性があります。このアプリケーションでは、ダイヤモンドが低Z材料であり、光学的に透明で耐放射線性があることを利用しています。薄膜内で発生した蛍光光をCCDカメラで測定することで、ビームの強度、位置、プロファイルを簡単にモニターすることができます。蛍光スクリーンモニターに代わるものとして、4象限フォトディテクターがあります。これは、狭いギャップで隔てられた4つの電極を持つ薄いダイヤモンド光検出器で構成されています。4つの光電流を評価することで、ビームの位置を高精度に決定することが可能になります。

仕様とオプション

タイプ
独立式ダイヤモンド蛍光スクリーン
オプション
光を逃すサブミクロンの表面の粗さ、高精度レクチル
素材
光学的に透明なダイヤモンド
(蛍光収率を高めるためにドープされています)
厚み
>20μm以上
コーティング
非コーティングまたはAR/AR
サイズ
75mmまで
形状
長方形、円形、楕円形

お見積・お問合せはコチラ>>

.

ダイヤモンド
X線フィルター

CVDダイヤモンドフィルターは、シンクロトロン施設でX線ビームを減衰させるために使用されます。熱伝導率が高いため、高い熱量も扱うことができます。 また、金属層をコーティングすることで、実験の必要性に応じて吸収特性を調整することができます。

仕様とオプション

タイプ
独立したダイヤモンドディスク,または銅フレームにマウントされたディスク(水冷オプション)
コーティング
Ti, Pt, Au, Al, W, Mo, Cu, Niなどの金属
サイズ
最大80mm
厚み
20~1000μm
.

Diamond Materials社は、高性能マイクロ波プラズマリアクターを使用して、大きなダイヤモンドディスクを合成しています。この素材は、様々な革新的な製品の基礎となります。幅広い製品群と、ニーズに合わせた革新的なソリューションを提供いたします。

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877