HEM Ti:サファイヤ材料 GT Advanced Technologies

GT Advanced Technologies
GT アドバンス テクノロジー
高度なサファイヤ材料

 

The Advanced Sapphire Materials Group (ASMG)

は、HEMプロセスを使用して40年以上にわたり、世界で最も優れたサファイア結晶を生産してきました。このグループは、サファイアに独自の特性を作り出す高度な手段を開発し、その後の品質と属性を評価し、これらの特性を洗練されたアプリケーションのエンドユーザの要件と相関させました。このグループは、レーザー、航空宇宙および半導体市場における今日の技術リーダーの変化するニーズに対応する高度なサファイアソリューションを構築しています。

GTの先端サファイア製造グループは、HEM Ti:サファイアと低吸収光学サファイア(LAOS)の世界有数のサプライヤーです。

HEM サファイヤ材料

  • 幅広いアプリケーションに最適な品質
  • 大きなサイズが可能
  • 低い結晶欠陥レベル
  • 低ガス/散乱
  • 低損失材料

サファイヤ材料の応用

  • 航空宇宙防衛
  • コマーシャル マーケット
  • マシン ビジョン
  • 半導体
  • レーザーと光学
  • 医療と歯科
  • エレクトロニクス

Ti:サファイヤ レーザーロッド

HEM Ti:サファイヤ

  • 優れた均一性
  • 優れた熱特性
  • 高いFigures of Merit (FOM)
  • バルクの散乱なし
  • レーザーの高損傷しきい値
  • ラージサイズ、高ドープ可能

FOMは(吸収@514nm) / 吸収800nm)をベースにしています。FOM値を確認し、本質的な特性が高性能レーザーをサポートするのに適しているかを確認するためにテストされています。

チューニングの可能な範囲
ピーク波長 約800nm  650nmから1200nmまでの幅広い調整可能範囲を有します。
上図はTi:サファイヤの吸収スペクトルと蛍光スペクトル。

ブリュースター角カットの端面 Ti:サファイヤの屈折率は1.76で、ブリュースター角は60.4°です。ブリュースター角をC軸に正確に合わせる方法を開発して、性能を向上させています。

先進的な研磨とコーティング
表面の損傷の少ない最も高度な研磨技術を採用。レーザーの損傷しきい値が最大になるように加工している。
正確な研磨技術と最適化されたコーティングで最高の性能を持つレーザーロッドを提供しています。

ARコーティング

HEM Ti:サファイヤ レーザーロッド
・直径200mmまで
・長方形、正方形など
・平面端面、ブリュースター角の端面
・高いレーザー損傷しきい値
・パスの範囲 1mm から75mm

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877