各種結晶 OPTOGAMA

レーザー用結晶

レーザー用結晶画像
レーザー結晶、ガラス、およびセラミックは、固体レーザーの光学利得源として使用されます。これらの媒体には通常、希土類イオン (ネオジム、イッテルビウム、またはエルビウムなど) または遷移金属イオン (チタンまたはクロム) がドープされています。

受動Qスイッチ水晶振動子

受動Qスイッチ水晶振動子画像
受動Qスイッチ水晶振動子は、電気的に制御される変調器の代わりに、受動Qスイッチ水晶振動子のレーザー共振器品質変調器として使用されます。通常、これらの可飽和吸収体は飽和フルエンス(単位面積あたりの飽和エネルギー)が低いという特徴があり、収束ビームで使用すると飽和エネルギー(飽和フルエンス×ビーム面積)をさらに低減できます。

非線形結晶

非線形結晶画像
非線形光学結晶は、さまざまな非線形パラメトリック アプリケーションで使用されます。例を挙げると、第二高調波発生、差周波発生、光パラメトリック増幅などです。特定の用途に使用するには、適切な結晶を選択する必要があります。必要なスペクトル範囲での透明性、位相整合のための適切な複屈折、高い非線形係数、高い光学的損傷閾値、およびその他の特性を備えている必要があります。

ラマン結晶

ラマン結晶画像
ラマン結晶における非弾性光子フォノン相互作用は、ポンプ放射のストークスまたは反ストークスシフトを引き起こします。いわゆる誘導ラマン散乱 (SRS) です。これは位相整合を必要とせず、変換効率が高く、現在の固体レーザーと容易に互換性のある周波数変換の汎用的な方法です。このようなラマン発生器の輝線は、カスケード SRS により UV から NIR までの波長範囲をカバーできます。選択的なラマンシフトライン増幅の場合、適切な光フィードバックを備えた共振器内にラマン結晶を配置する必要があります。

フォトリフラクティブ結晶

フォトリフラクタブ結晶画像
4レーザーは、BSO、Fe:LiNbO3、SBN、BGO結晶を、主にフォトリフラクティブ効果を利用する用途のために提供しているわけではありません。フォトリフラクティブ効果は、光強度の空間的変化によって局所的な屈折率が変化する現象です。これは、フォトリフラクティブ材料内でコヒーレント光が互いに干渉し、空間的に変化する照明パターンを形成するときに観察されます。この効果は、ホログラフィック データ ストレージとも呼ばれる、一時的に消去可能なホログラムを保存するために使用できます。また、位相共役ミラーや光空間ソリトンの作成にも使用できます。

シンチレーション結晶

シンチレーション結晶画像
4レーザーは、ガンマ線や中性子などの高エネルギー放射線を吸収し、そのエネルギーを可視光子の短いバーストに変換する高品質のシンチレーション結晶を提供します。これらの結晶は、高密度、高速動作速度、耐放射線性、優れた品質価格比などの優れた特徴を備えています。
シンチレーション結晶は研究、医療、産業用途に使用できるため、ご要望に応じてカスタム ソリューションをご利用いただけます。

メーカー配信のホワイトペーパーはこちら>>


2015年に設立されたOPTOGAMA社は、カスタムでユニークなレーザー製品を設計、開発、商品化しているリトアニアのハイテク企業です。分析および分光計測機器、自動車、センシング、医療、および材料加工用レーザーアプリケーションのための技術を開発しています。
▷ OPTOGAMA社の製品一覧はコチラ >>
お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877