Roner-Smith®︎ F-Theta スキャンレンズ

Ronar-Smith®︎
幅広いレーザーアプリケーション向けに細心の注意を払って設計および製造されています。
Ronar-Smith®F-θレンズは、光学グレードとコーティング製造における10年以上の専門知識により、
世界最高の光学性能を発揮します。
また、お客様のご要望に応じたカスタマイズサービスもご用意しております。

F-Theta Lens - Optical Glass (SL)


SLシリーズF-θレンズは、レーザーマーキング、彫刻、切断用の検流計ガルバノメータースキャンシステムで一般的に
使用されています。 スキャンフィールド内の多くのポイントに焦点を合わせたスポットを配信する機能を備えています。
また、世界の主要なスキャンヘッドプロバイダー向けにレンズアダプターも提供しています。

全ての型番はこちら

F-Theta Lens – Fused Silica (SL-Q)


     SL-QシリーズF-θレンズは、短いパルス幅と高いパルスエネルギーの
     レーザーアプリケーションを備えたウルトラファストレーザー用に
     開発されました。これらのレンズは、
     後方反射やゴースト像を回避するための光学設計の
     低分散フューズドシリカで作られています。

Telecentric F-Theta Lens – Optical Glass (TSL)


TSLシリーズ テレセントリックF-θレンズは特殊なタイプのレンズシステムであり、
偏向したオフアクシスレーザービームを軸上集束ビームと同様にワークピースに垂直に集束させることができます。
テレセントリックスキャンレンズの利点は、像面湾曲を最小の歪みに平坦化できると同時に、スキャンフィールド全体で優れたスポット品質を提供できることです。

Telecentric F-Theta Lens – Fused Silica (TSL-Q)

     高出力レーザーおよび超高速レーザー光源用に、
     TSL-QシリーズテレセントリックF-θレンズを提供します。
     熱レンズ効果と焦点シフトを最小限に抑えます。

F-Theta Lens – CO2 Laser 9.4/10.6μm (SL1/SL2/SL3)

SL1 F-θレンズは、一般的にレーザー彫刻、切断、マーキングシステムでガルバノメータースキャニングミラーと
組み合わせて使用されます。 通常、レンズのF-θ歪みは1%未満に保たれるため、
画像平面上のフラットフィールドに正確なスポットを生成できます。

SL2 ダブレットF-θレンズは、シングレットよりも優れた性能を提供します。
スキャンフィールド全体でスポットサイズがより均一になり、スポット歪みが少なくなります。
この一連のスキャンレンズには、ZnSeまたはGaAsを使用しています。
主要なスキャンヘッドプロバイダーのためのレンズアダプターの依頼も承ります。

SL3シリーズF-θレンズは、保護ウィンドウ付きまたは保護ウィンドウなしの3つのZnSeエレメントで構成されています。 SL1およびSL2と比較して、スポットの歪みを低減し、スキャンフィールド全体でより均一なスポットサイズを実現できます。 SL3は、電子マイクロプロセッサなどのより細かいCO2レーザーアプリケーションに使用されます。
主要なスキャンヘッドプロバイダーのためのレンズアダプターの依頼も承ります。

Telecentric F-Theta Lens – CO2 9.4/10.6μm (TSL)

TSLシリーズのテレセントリックF-θレンズは、光学系の配置が、常にフラットフィールドに垂直になるようにビームをダウン集中するように設計された特別な構成を持っています。 これは、システムの「停止」がレンズシステムの前部焦点に配置されるようにすることで実現されます。 「停止」は、ビームが軸から偏向される位置にあります。 単軸スキャニングシステムでは、この場所はスキャニングミラーにあります。
2軸スキャンの場合、ストップはミラーの中間にあります。

Achromatic F-Theta Lens (SLA)

SLAシリーズのRonar-Smith®アクロマティックF-θレンズは、球面収差と色収差を制限し、2つの異なる波長(動作波長と可視波長)を同じ平面に取り込むように設計されています。 これにより、可視(フィードバック)波長とレーザービーム波長が時間的および空間的に一致することを保証しながら、レーザー材料プロセス中に波長固有のレーザービームを送信できます。 当社のアクロマティックスキャンレンズは、製品の品質が損なわれないようにしながら、
自動化制御とフィードバックのための産業プロセスでのマシンビジョンを可能にします。

Achromatic Telecentric F-Theta Lens (TSLA)

TSLAシリーズは、ビジョンシステムがレーザー加工システムに統合されている場合、
当社のアクロマティックテレセントリックf-θレンズは、動作波長とビジョン波長の間で色補正されます。
アクロマティックテレセントリックf-θレンズは、通常のテレセントリックレンズと同じ利点を提供しますが、
正確なビジョンポジショニング機能を提供することができます。
これは、オペレーターがワークピースのオフライン検査を行う必要がないオンライン検査システムに非常に役立ちます。

水冷 F-Theta Lens (SL-WC)

水冷スキャンレンズのSL-WCシリーズは、高出力で大口径のレーザー溶接用途向けに開発されており、
レンズの熱影響と焦点シフトを最小限に抑えることができます。

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877