球面レンズ RMI

Rocky Mountain Instrument Co.
1957年に設立されたRMI社は、光学部品およびコーティング業界で長い経験を持つ精密光学のリーディングカンパニーです。
深紫外線から遠赤外線までの幅広い波長範囲で動作する精密光学機器を専門としています。

球面レンズは、光学システム設計で最も一般的なレンズです。
RMI社は、さまざまなサイズと形状の仕様を持つさまざまな材料から、
標準およびカスタムの球面レンズを製造しています。
両面は、RMI高効率狭帯域反射防止コーティングでコーティングできます。

標準仕様

材料
BK7, UVFS, FS, CaF2, MgF2, BaF2, ZnSe, Ge, Si, Cleartran,               
サファイア(ご要望に応じて、その他のガラスとクリスタルタイプもご用意できます)
表面精度(両面) BK7, UVFS, FS : λ/10 at 633 nm
CaF2, MgF2, BaF2 : λ/4 at 633 nm
ZnSe, Ge, Si, Cleartran : λ/40 at 10.6 µm
サファイア : λ/4 at 633 nm
スクラッチディグ BK7, UVFS, FS : 10-5
CaF2, MgF2, BaF2 : 20-10
ZnSe, Ge, Si, Cleartran : 40-20
サファイア : 20-10
直径誤差 + 0.000″, – 0.025″
厚さ誤差 ± 0.025″
半径公差 ± 0.5%
中心誤差 < 3 arc minutes
チャンファー 0.010″ – 0.030″ at 45º
有効径 中心から85%

プラノ/凹面球面レンズ

負の焦点距離を持ち、入射光を発散させます。
これは、レーザーを通して見た虚像を形成します。

プラノ/凸球面レンズ

正の焦点距離を持ち、入射光をカバーします。
このタイプのレンズは、実像と虚像の両方を形成します。
実際の画像に焦点が当てられ、仮想画像が拡大されます。

メニスカス レンズ

正メニスカスレンズ

球面収差を最小限に抑えるように設計されており、
通常、小さなF値のアプリケーション(f#<2.5)で使用されます。
2.5 f#<10の場合、メニスカスレンズは画質を向上させ、スポットサイズを縮小することもできます。

負メニスカスレンズ

他の負のレンズの代替品として提供されており、
特に高屈折率のIT材料に適しています。
それらは、最小の球面収差が望まれるビーム拡大アプリケーションで一般的に使用されます。

両凸レンズ / 両凹レンズ

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877