ミニオプティカルチョッパー Scitec Instruments 350CD

Scitec Instruments社は35年以上に渡り、幅広い種類の光学チョッパーと
ロックインアンプを製造しているメーカーです。


【お知らせ】
350CDの構成部品「350H:チョッピングヘッド」のメーカー取り扱いが終了致しました。
メーカー在庫が無くなり次第、350CDの供給は終了致します。


回転ディスク式 ミニ オプティカルチョッパー 30mm

可変周波数オプティカルチョッパー 型番:350CD

350CDの基本システムは、コントロールユニットとチョッピングヘッドで構成されております。
科学的に黒色に着色されており、直径30mmのディスクが4枚付属しています。
これらのディスクは2、4、10、40スロットで、10Hz-10kHzの周波数範囲で動作します。
20スロット、80スロットのディスクもご利用頂けます。
コンパクトなチョッピングヘッドにより、あらゆる場所に設置していただけます。



特徴

・10Hz-10kHzの標準チョッピング周波数範囲
・直径30mmディスク
・コントロールユニットの洗濯
・コンパクトなチョッピングヘッド
・低騒音, 低振動
・非磁性ディスク

コントロールユニットには、動作周波数を設定するための10回転ダイヤルと、チョッピング周波数の5桁の表示があります。
チョッピング周波数は、「制御」BNCにアナログ電圧を印加することで外部から制御できます。
「リファレンス」BNCは、チョッピングヘッド内のオプトスイッチから直接生成されたTTLレベルの出力を提供します。この信号は、チョッピング動作に対して一定の位相を持ち、ロックインアンプなどの他の機器の基準として使用できます。

350Hチョッピングヘッドは、チョッピングディスク、ドライブモーター、リファレンスピックアップを完全に囲みます。直径9mmの3つの光学アパーチャにより、ビームの位置決めに柔軟性がもたらされます。チョッパーヘッドのベースには、光学茎(ベンチロッド)に取り付けるためのM8ネジ穴があります。高周波アクセサリやブレードプロテクターなどの部品を取り付けることができるように取り付けられています。低周波動作の場合、チョッパーヘッドに減速ギアボックスモーターを取り付けることができます。



仕様

直径のチョッピングブレード(4種類付き) 2、4、10、40スロット
チョッピング周波数 10Hzから10kHz
ディスクの直径 30mm
小型チョッパー ヘッド 非磁性ディスク
開口部 9mm
350CDU コントロール ユニット
出力電圧 最大6VDC
周波数コントロール 10回転ポテンショメーター
外部コントロール BNCコネクタ 0Vから15V
周波数表示 5桁 / 14mmのLEDディスプレイ
周波数読み出し 周波数に応じて0.01Hz、0.1または1Hzの分解能
周波数安定性 短時間:下記表参照
長時間:最大周波数の±1%
参照出力 BNCソケットを介し5V HCTTL信号
所用電力 90-130Vまたは180-260V AC, 50または60Hz, 12VA
サイズ(mm) 254W x 76H x 178D
重量 2.6kg

 

Disc 周波数(Hz) Aperture(mm) Phase Jitter,
MAX
r a b d
350D2
(2スロット)
10-500 9.0 23.6 9.4 9.0 TBA
350D4
(4スロット)
20-1000 9.0 11.8 4.7 8.3 TBA
350D10
(10スロット)
50-2500 8.0 4.4 1.9 3.7 TBA
350D20
(20スロット)
100-5000 8.0 2.2 0.94 2.0 TBA
350D40
(40スロット)
200-10000 8.0 1.1 0.47 1.0 TBA
350D80
(80スロット)
400-20000 5.0 0.55 0.35 0.5 TBA

【350CDの構成】
・350CDU:コントロールユニット
・350H:チョッピングヘッド
・350I:ケーブル
・チョッピングディスク:2, 4, 10, 40スロット
・電源ケーブル
 
ダウンロード Model 350CD Datasheet – pdf (51K)

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877