照明・光学設計の解析ソフトウェア Tracepro Lambda Research社

照明および光学システムの設計と分析のためのソフトウェア
高精度/シンプル操作/モデルデータのインポート可能/高コストパフォーマンス
2週間無料トライアルをお試しいただけます。
またリースは3ヶ月から承っております。
お申込みの際に、お手数ですがご希望のコースをご記入ください。

無料トライアル, リースのお申込み・お問合せはコチラ>>

.

Traceproの特長

ソリッドモデリング

TraceProは厳密なソリッドモデリングエンジンを採用しており、シンプルに3D CADを操作ができ、レンズ設計やCADファイルをインポート、立体幾何学を直接TraceProモデルとして作成することができます。

パフォーマンスと精度

TraceProの光線追跡は、高速かつ正確です。インポートされたスプラインであっても、すべてのサーフェスに対して正確な光線追跡を行い、交差のミスや「漏れ」のある光線はありません。TracePro独自の解析モードによる光線追跡は、相互作用の環境を作り出す非常に強力な機能です。解析モードでは、すべてのサーフェスやオブジェクトを視覚的にも定量的にも分析することができます。

様々な光学特性のデータベースを完備

 

数千もの既存の光学特性プロパティが開発されており、TraceProモデルに適用することができます。プロパティには、材料(光学ガラス、プラスチック、赤外材料)、表面特性、バルク散乱、蛍光などがあります。

操作しやすいユーザーインターフェース

 

TraceProはシンプルな操作方法で、すぐに覚えられるCAD似なインターフェースです。TraceProは使いやすいGUI(=Graphical User Interface グラフィカルユーザインターフェース)を採用している為、基本操作のトレーニングは短時間で済みます。

 

Traceproの活用方法

光線追跡の選択

解析モードでは、最適な数の光線(数百から数千)をトレースし、任意のサーフェス上で結果を相互作用的に解析するために使用します。
シミュレーションモードでは、多数の光線(数百万、数十億、数兆)をトレースして、システムの正確なシミュレーションを行う場合に使用します。

データベースの活用(ソース、マテリアル、蛍光、表面特性)

データベースにあるプロパティは、カスタマイズされたパラメータで定義したり、一般的に使用されているソース、マテリアル、コーティングをTraceProのデフォルト選択項目から適用することができます。 また、独自のプロパティをデータベースに追加して、モデリングプロセスを効率化することもできます。

多彩なプログラム機能

TraceProではマクロを組むことも可能であり、多くの解析や設計の作業を自動化することができます。*Macro Recorderは、プログラミング言語である Scheme を学習する際や、プログラミング作業を開始する際に最適なツールです。TracePro のユーザーインターフェイスで利用できるほとんどの機能は、マクロコマンドとしても利用できます。 また、基礎となるソリッド・モデリング・エンジンにアクセスして、ジオメトリの作成、編集、解析を最低限のレベルで行うこともできます。Schemeは、ループ処理、分岐処理、ファイル入出力などの機能を備えたフル機能のプログラミング言語です。
*MacroRecorderはマウス・キーボードの操作を記録することで、自動操作を可能にするソフトです。毎日繰り返し行っている作業などを自動操作にすることで、作業をスムーズに行えるようになります。

代表的なアプリケーション

イルミネーション

照明器具の設計では、空間的および角度的な配光、均一性、輝度、スペクトル特性などのシステム性能基準と、点灯時および非点灯時の外観などの美的要素を厳密に設計する必要があり、TraceProは、照明器具やイルミネーションの設計者に、最も正確で包括的な設計環境を提供します。

相互作用の最適化

直感的で習得しやすいインターフェースにより、ユーザーは設計目標を迅速かつ効率的に達成することができます。3Dオプティマイザーでは、相互作用の光線追跡デザインをスケッチし、幅広い演算数(オペランド)を使って最適化することができます。フォトリアリスティック・レンダリング機能は、バーチャル・プロトタイピング・プロセスを完成させ、TraceProユーザーが設計-構築-テストのサイクルを短縮することを可能にします。

RepTile™

The RepTile (Repetitive Tile) 機能は、ディスプレイのバックライトのディフューザーに使用されている繰り返しの微細構造をプロシージャルにモデリングすることができます。これらのディフューザーは、CADソフトウェアで明示的にモデリングするには複雑すぎますが、TracePro Expertで効率的にレイトレースを行い、Texture Optimizerで最適化することができます。

フォトリアリスティック(写実的)・レンダリング

照明された外観を短時間で正確にシミュレートし、インストルメントパネル、スイッチやインジケーター用のライトパイプ、自動車用照明など、TraceProはデザインの外観を正確にモデリングすることができます。

イメージング(結像)光学系

 

TraceProは、迷光、偏光効果、熱負荷、バルク散乱、蛍光など、画像システムの非画像的な側面を分析するために使用されます。

ソーラーエミュレーター

 

TraceProは、ソーラーエミュレーターとして太陽集熱器が最高の効率で動作することを保証します。多軸トラッキングと、直射日光と間接日光の両方の寄与を考慮した放射照度で、指定した期間の太陽の動きを分析します。

非イメージング(結像)光学

 

機械設計者や工業デザイナー、光導体やディスプレイの設計者は、TraceProによって、コストのかかる試作品を作らずに、シミュレーションで完成品の性能や美観を正確に予測できるようになります。

迷光分析

 

TraceProは、NASA向けの宇宙望遠鏡やリモート・センシング・システムの迷光解析のために開発されたもので、現在でもNASAのソフトウェアの一部を担っております。 高度なパスソート、光線の可視化、最適化を備えたTraceProは、迷光の解析や設計の手間を省きます。

お見積・お問合せはコチラ>>

.

Lambda Research Corporation社は光および照明システムの設計、分析および最適化のための
ソフトウェア『TracePro』を提供しています。TraceProは直感的なCADインターフェイスです。

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877