透過型電子顕微鏡 LVEM25 Delong America


Delong Instruments社は透過型電子顕微鏡(TEM)の分野で25年以上の経験があり、
電子光学機器、真空技術の開発、設計サービスの提供、精密部品の製造を行っています。

 

透過型電子顕微鏡 (TEM)

型式:LVEM25



実際の撮像画像

左:ナノ粒子(無染色), 中央:アデノウイルス(無染色), 右:脳組織(無染色)
LVEM25のサンプル撮像一覧はこちら


LVEM25 仕様

 オペレーション
試験片寸法
標準規格 Φ3.05mmグリッド
サンプル交換時間
約3分
 イメージングモード
 TEM
公称加速電圧
25kV
解像度
1.0nm
総合倍率*
3,400~1,300,000×
視野
100~0.25 µm
最小照明範囲
100nm
焦点距離
1.34mm
Cs(球面収差係数)
1.03mm
Cc(色収差係数)
1.05mm
α 定理 (理論上の開口角)
1.2×10-2 rad
 *公称値 (image 3¼×4″)
 電子回析
最小プローブサイズ
500nm
カメラ長
2,000~7,000 pxl
カメラ定数
15.51~54.28 pxl×nm
STEM15
公称加速電圧
15 kV
解像度
1.3nm
最大倍率
375,000×
最大視野
80×80 μm
焦点距離
0.95 mm
Cs(球面収差係数)
0.80mm
Cc(色収差係数)
0.85mm
α 定理 (理論上の開口角)
1.4×10-2 rad
 STEM10
公称加速電圧
10kV
解像度
1.0nm
最大倍率
470,000×
最大視野
105×105 μm
焦点距離
0.75 mm
Cs(球面収差係数)
0.64 mm
Cc(色収差係数)
0.72 mm
α 定理 (理論上の開口角)
1.6×10-2 rad
 光学顕微鏡
オリンパス対物レンズ M 40x
NA* 0.95
オリンパス対物レンズ M 20x
NA* 0.75
オリンパス対物レンズ M 4x
NA* 0.13
*Numerical Aperture=開口数
 電子光学
集光レンズ


magnetostatic
electrostatic
コンデンサー絞り
Ф 50, 50, 30 μm
対物レンズ
magnetostatic
対物口径
Ф 50, 50, 30 μm
映写レンズ


electrostatic
double lens
電子銃
SE Cathode ZrO/W[100]
電流密度
0.3 mAsr -1
耐用期間
>2,000 時間
 TEM画像キャプチャ
カメラ
Scientific CMOS
センサーサイズ
2560×2106 pixels
デジタル化
12 bit , 16 bit
画素サイズ
6.5 × 6.5 μm
読み取りノイズ
1.2e
 スキャン画像キャプチャ
モニター
512×512, 1024×1024,
2048×2048
保存画像
最大2048×2048 pixels
デジタル化
8 bits
 バキューム
 エアロックシステム 
隔膜[ダイヤフラム]ポンプ
10-5 mbar
ターボ分子ポンプ
10-5 mbar
 物体スペース
イオンゲッターポンプ
10-8 mbar
 電子銃
イオンゲッターポンプ
10-9 mbar
 消費電力
待機中の制御電子機器
25 VA
制御電子機器
350 VA
エアロック
ポンプシステムを含む
550 VA
カメラ
24 VA
PCおよびモニター
500 VA
顕微鏡用の冷却水は必要ありません
 重量と寸法
 電子・光学
重量
80 kg
寸法
106×63×61 cm
 制御電子機器
重量
80 kg
寸法
110×63×67 cm

▶詳しい仕様はカタログをご覧下さい。LVEM25カタログをダウンロード
▶LVEM比較表はこちら



お見積・お問合せはコチラ>>





LVEM25の特徴

LVEM25は、高速かつコンパクトな透過型電子顕微鏡で、各性能をシームレスに融合するよう設計されています。こちらの顕微鏡はLVEMの独自技術と、より強力な電子ビームの透過性を組み合わせたもので、従来通りの試料を撮像することができます。

LVEM25は、あらゆる規模の研究室に設置可能なコンパクトさと、トレーニングを受ければ誰でも操作できる操作性を備えています。当社のLVEM顕微鏡の中で最高の画像解像度、複数のイメージングモード、コンパクトなデザインを備えたLVEM25が、病理学、ウイルス学、ドラッグデリバリーの分野ですでにお使いいただいております。

▶詳しい仕様はカタログをご覧下さい。LVEM25カタログをダウンロード
▶LVEM比較表はこちら

LVEM25の主な技術的特徴

 形状ファクタ
 自動粗焦点フォーカス
LVEM25は、TEM画像を必要とする場所に設置することができる汎用性の高い顕微鏡です。最も必要とされる場所にフィットするように設計されており、シームレスな作業環境を実現します。 LVEM25のZ軸はモーター駆動されており、コントロールパッドやソフトウェアからサンプルの高さを制御することができます。これにより、Z軸の高さを自動的に調整することができ、自動粗動フォーカスを実現しました。
 ステージ位置記録
 ダイヤフラムポンプ付き
 ターボ分子ポンプ

ピエゾアクチュエーターは現在の位置を記録することができ、ユーザーはビューパスをトレースしたり、ソフトウェア上で関心のある領域をマークしたりすることができます。これらの位置は後から呼び出すことができます。

エアロックシステムを採用したポンプで、迅速かつクリーンなサンプル交換を保証します。セルフベントシステムにより、迅速なサイクルタイムを実現しています。
 3イオンゲッターポンプ
 放射電子銃
イオンゲッターポンプは、サンプル空間を汚さず、常に安定したイメージング環境を提供します。 フィールドエミッションガン(FEG)は、低電圧ショットキー型で、非常に高い輝度と空間的なコヒーレンシーを持っています。これにより、電子と試料の間に強い相互作用が得られます。FEGの期待寿命は約2,000時間です。
 YAGスクリーン
 マニピュレーター
高解像度の最終TEM像は、電子ビームによってYAGスクリーンに投影されます。そこから光の光学系を使って、コンピュータのスクリーンに画像を映し出します。 完全電動式のマニピュレーターにより、試料をカラム内で簡単かつ正確に再配置することができ、試料全体のイメージングが可能になります。
 コントロールパネル
照明(サンプルを明るくする)、ビーム補正(ビームの精度)、倍率(最大1.0nmの解像力)、ステージの移動(フォーカスの位置)を直感的な操作で調整できます。

LVEM25の主な用途

LVEM25は、従来の方法で作製された薄切片を扱う研究室に適しています。

 病理学研究
 ナノ粒子の特性評価
病理学分野の研究者は、目を見張るような高コントラストの画像を得ることができます。詳細な画像は、腎臓病、筋肉疾患、毛様体機能障害、神経疾患、ウイルス感染症などの病気の診断に役立ち、様々な組織における超微細な病理学的変化の分析を可能にします。LVEM25が病理学研究のアプリケーションでどのように使用されているかについての詳細は、こちらをご覧ください。 ナノ粒子の特性評価で重要な研究を行っている研究室にとって、LVEM25は不可欠な特性評価ツールです。粒子径や個数分布、粒子形状、表面形態、フィラメント形態など、必要な詳細情報を提供することができます。LVEM25がナノ粒子の特性評価にどのように使用されているかについての詳細は、
こちらをご覧ください。
 ポリマー研究
 細胞生物学
ポリマー研究では、ポリマーの分子組成に起因する暗黙の低コントラストイメージングが、LVEM25では低エネルギー電子源による超高コントラストのため問題になりません。LVEM25は、これらのナノ構造ポリマーの相挙動とモルフォロジーの理解に大いに役立ちます。LVEM25がポリマー研究アプリケーションでどのように使用されているかについての詳細は、こちらをご覧ください。 細胞生物学の研究者が電子顕微鏡を使用する理由は、細胞内の組織、機能、および特性の理解である。LVEM25は、従来のTEMよりも高いコントラストの画像を提供し、オルガネラ、細胞骨格のアクチンフィラメント、核孔などの分子複合体の位置と組織に対する理解を深めることができる。LVEM25が細胞生物学の研究にどのように使われているかについての詳細は、こちらをご覧ください。


お見積・お問合せはコチラ>>


撮像画像について


 

  TEMモードのデジタルカメラ
  AndorのZyla5.5 Scientific CMOSカメラは、
  軽量でコンパクトなTE冷却設計で、
  高速で高感度のイメージング性能を備えているため、
  LVEM25アプリケーションに最適なカメラです。

TEM画像キャプチャ
カメラ
Scientific CMOS
センサーサイズ
2560×2106 pixels
デジタル化
12 bit,  16 bit
画素サイズ
6.5 × 6.5 μm
読み取りノイズ
1.2e 

 

 

  STEMモードの光電子倍増管
  STEM光電子増倍管を追加することで、
  走査透過型顕微鏡の機能を追加しました。
  サンプルが染色されていたり、
  厚い試料でTEMでは見えない場合に有効です。

STEM画像キャプチャ
モニター
512×512, 1024×1024,
2048×2048
保存画像
最大2048×2048 pixels
デジタル化
8 bits


▶LVEM25のサンプル撮像一覧はこちら
▶詳しい仕様はカタログをご覧下さい。LVEM25カタログをダウンロード
▶LVEM比較表はこちら


LVEM25 ソフトウェア

 LVEM25は、直感的なユーザーインターフェースによって制御されます。
 顕微鏡の重要なパラメータをすべてモニターし、調整することができます。
 このソフトウェアでは、イメージングモードをシームレスに切り替えることができます。
 ソフトウェアは仮想キーボードとしても機能し、LVEM25の操作コンソールの機能の
 ほとんどを再現します。全てのモードでの画像取得は、LVEM25ソフトウェア内で直接行われ、
 ライブFFT、スケールバー表示、ライブ画像上での測定が可能です。
 また、TEMモードでは、ライブ・ヒストグラムの自動補正やビット深度の選択だけでなく、
 画像の明るさやコントラストを調整するために、画像検出器をソフトウェアで完全に制御する
 ことができます。

お見積・お問合せはコチラ>>

 

▶LVEM25のサンプル撮像一覧はこちら
▶詳しい仕様はカタログをご覧下さい。LVEM25カタログをダウンロード
▶LVEM比較表はこちら


型番

  • LVEM25
お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877