小型 原子間力顕微鏡(AFM) NanoMagnetics Instruments

コンパクト原子間力顕微鏡
設置面積70x30cm, 2種類のスキャンヘッドオプション

型式:ezAFM

ezAFMは、NMI社のコンパクトな原子間力顕微鏡(AFM)です。40x40x4µm120x120x40µmの2種類のスキャンヘッドオプションを用意しています。このコンパクトな原子間力顕微鏡は、倒立型光学顕微鏡との一体化やグローブボックス内での使用も可能です。コントローラーのフットプリントはわずか15×15cmです。試料は手動で移動させることができますが、オプションで電動または手動の試料ステージを提供することができます。XY手動サンプルポジショナーは2×2mmの範囲、10μmの分解能、XY電動サンプルポジショナーは38×38mmの範囲、1μmの分解能です。

各種スキャニングモード

・コンタクトモード
・ダイナミックモード(タッピングモード)
・水平力顕微鏡(LFM)
・磁気力顕微鏡(MFM)
・電界脱離(FD)分光
*電気モードについてはezAFM+をご確認ください。

お見積・お問合せはコチラ>>

.

【オプション】スキャンヘッド:AQUA(リキッドモード)

 リキッドモードでシステムを動作させるための
 アクアスキャンヘッドをオプションで提供しています。
 この機能は、写真のように弊社のILMモジュールと
 組み合わせることが可能です。

 ILMシステムは、ezAFMスキャナーヘッド、XYフレクスターステージ、ezAFM-ILMアダプターステージの3つのパーツで構成されています。XYフレクスターステージは、カンチレバーの位置を2mmの範囲で移動させます。
 同軸照明はシステムのトップライトであり、ezAFM内部に組み込まれたezAFMカメラ以外は、ILMからカンチレバーや試料を観察することが可能です。厚みのあるサンプルには、粗動ステージを調整します。

頑強でフレキシブル
ezAFMのデザインは、ユーザーが簡単に、安全に、頻繁にスキャンヘッドを交換することを可能にします。各システムは、異なるスキャンサイズ、Zレンジ、または空気/液体媒体用のスキャンヘッドを持つことができます。

使いやすさ
多くの市販AFMでは、カンチレバーを交換するたびにレーザーとフォトダイオードを再調整する必要があり、ユーザーにとって大変な作業となっています。NMI社は、チップの裏側にアライメント用の溝がある市販のカンチレバーが豊富にあることを利用して、この作業をシンプルかつ簡単にしました。このアライメントチップをスキャナヘッドに組み込むことで、カンチレバーがレーザービームに対して正確に位置決めされ、レーザーやフォトダイオードを再調整する必要がありません。

コンパクトで持ち運びに便利
ezAFMは、わずか70cm×30cm(ノートPCを含む)の設置面積で、作業スペースを取りません。軽量で、耐久性のあるペリカンケースに収納されているため、持ち運びや保管が簡単です。また、環境制御が必要な場合には、グローブボックスに入れることも可能です。

高い汎用性
NMI社では、ezAFM用に2種類のスキャンヘッドを提供しています。ezAFM120スキャンヘッドは最大120x120x40µmのスキャンエリアを持ち、粗い表面のサンプルに最適で、Z軸分解能は0.2nmです。40μmのZレンジはほとんどの市販システムよりはるかに大きく、繊維、紙パルプなどの波状サンプルのイメージングに適しています。一方、ezAFM40 スキャンヘッドは、最大スキャンエリアが40x40x4µmで、分解能は0.02nm(Z方向)であり、単層グラフェンの表面をスキャンすることが可能です。さらに、ezAFMの典型的なサンプルサイズは10x10x5mmですが、非常に大きな表面を画像化するために容易に再構成することができます。

お見積・お問合せはコチラ>>

.

1998年に設立されたNanoMagnetics Instruments社(NMI)は、世界有数の走査型プローブ顕微鏡(SPM)と科学技術の様々な分野の測定システムのメーカーです。革新的な科学者とエンジニアからなる専門チームが、コンパクトで使いやすい装置から最先端のシステムまで、世界中の研究、製造、教育機関のお客様に向けた科学機器の設計、製造、供給を行っています。

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877