非冷却SMファイバーSLD 同軸9mm Superlum

非冷却シングルモードファイバー ピッグテールSLD 同軸9mm

特徴

・広範囲温度動作で>5mWの出力ファイバーパワー
・50 nm幅とフラットな光学スペクトル
・ご要望に応じて、PM、MMファイバーピグテール変更可能

アプリケーション

・低コストOCTシステム
・光ファイバージャイロ、その他のセンサー
・光学測定

データシートはこちら>  SLD-840F50P05S

仕様

パラメーター
最小値
標準値
最大値
SLD出力ファイバーパワー(mW)*
5
7
公称SLD駆動電流(mA)*
235
中心波長(nm)*
830
840
850
3dBスペクトル幅(nm)*
45
50
剰余スペクトル変調度(%)*
2.0
5.0
トラッキング誤差(%/℃)
0.2
推奨動作温度範囲(℃)**
+5
+45

*25°Cの場合Tとスペクトルピークの強度を等しくしたもの、いわゆる「公称」条件での測定です。
性能の例と温度による変化は次のページを参照してください。
公称電流と電力は各モジュールに固有のものです。
**ご要望に応じて、より広い動作温度範囲が可能です。

 

絶対最大定格

パラメーター
最小値
標準値
最大値
SLD出力電力(mW)
10
SLD順方向電流(mA)
280
SLD順方向電圧(V)
2.6
PDモニター バイアス電圧(V)
5.0
絶対動作温度範囲(℃)
-20
+60
保存温度範囲(℃)
-40
+80

注意:「絶対最大定格」に記載されている以上のストレスがかかった場合、故障の原因になる可能性がございます。
長時間にわたり絶対最大定格条件下になるとデバイスの寿命と信頼性が落ちる可能性がございます。

データシートはこちら>  SLD-840F50P05S

 

パフォーマンス例

推奨動作温度範囲でのスペクトル変化

データシートはこちら>  SLD-840F50P05S

お電話でのお問い合せ
03-6260-8880
FAX番号
03-6260-8877