レーザー/レーザー出力計・SLD・LED

OE機器・チラー・ソフトウエア

関連サイトリンク

  • 光学部品専用サイト
  • 計測器専用サイト
  • アウトレット専用サイト

HOME > 超低周波数 除振ワークステーション Kinetic Systems

超低周波数 除振ワークステーション Kinetic Systems

 Kinetic Systems, Inc. 
 キネティック システム
 除振台 ワークステーション
 ブレッドボード

 


MK52シリーズ 除振ワークステーション



新しい人間工学に基づいたデザイン
超低固有振動数
Vibradamped フレーム
カストマイズ可能なアクセサリー
空気供給不要 取扱い容易
テーブルトップ 選択出来ます。
人間工学に基づいたスタイリング
Class 100 クリーンルーム対応
Class 10 可能


 

Max. Load Capacity 

2000 lbs.

Max. Width of Tabletop

96”

Max. Depth of Tabletop

48”

Vertical Natural Frequency

0.5 Hz

Horizontal Natural Frequency

0.5 Hz

Isolation Efficiency @ 2 Hz 

93%

Isolation Efficiency @ 5 Hz

99%

Isolation Efficiency @ 10 Hz

99.7%




 

より人間工学的な快適さを持つ新MK52シリーズ振動制御ワークステーションは、超低固有周波数アプリケーション用として特別に設計されています。Kinetic Systems社は、マイナスK技術という特許取得の負の剛性除振システムを利用して製造しており、超低固有振動数、高い内部構造周波数、および優れた垂直方向と水平方向の除振効率を持つコンパクトでパッシブ(受動)の除振ワークステーションです。MK52は、はるかに優れた快適性と追加の脚スペースを提供するためにアップグレードされました。
 

マイナスK垂直アイソレータは、静荷重サポート能力に影響を与えることなく、低正味垂直剛性を達成するために硬いバネと負剛性メカニズムを使用しています。

新しいMK52シリーズ ワークステーションは、MK26シリーズ振動制御ワークステーションの比類のないパフォーマンスに基づいた設計を実装し、拡張された作業面の優れた除振効率達成を可能にするデュアルアイソレータのコンセプトを備えています。0.5Hzの固有周波数に同調したとき、システムは2ヘルツで93%、5 Hzで99%および10 Hzで99.7%のアイソレーション特性を有しています。

MK52シリーズは、多種多様なアプリケーション用に設計されており、当社の除振ワークステーション用アクセサリーのほとんどにカスタマイズすることができます。

MK52除振ワークステーションの典型的な振動制御アプリケーション


MK52シリーズは、半導体プロセスや電気通信、航空宇宙工学、医学研究等の分野に於いて、例えば、化学天秤、細胞注射、共焦点顕微鏡、パッチクランプ、光学顕微鏡、ウェーハプローブ、センサー較正、原子間力顕微鏡(AFM)、その他の敏感な機器など、幅広い機器に究極のパフォーマンスを提供します。
 

   



 

2800シリーズ 新超低周波数 空気圧除振ワークステーション

 



90kgまで
超低固有振動数
Vibradamped フレーム
カストマイズ可能なアクセサリー
テーブルトップを選択出来ます。
人間工学に基づいたスタイリング
Class 100 クリーンルーム対応
Class 10 可能





 

Max. Load Capacity 

200 lbs. 

Max. Width of Tabletop 

30” 

Max. Depth of Tabletop 

30” 

Vertical Natural Frequency 

1.4 Hz 

Horizontal Natural Frequency 

1.1 Hz 

Vertical Isolation Effiency @ 10 Hz

96%

Horizontal Isolation Efficiency @ 10 Hz

97%






LLHP(軽荷重高性能)超低周波空気圧除振ワークステーションは、重量が100ポンド(45kg)(最大200ポンド:90kg)レンジの敏感な機器が必要とする厳しい振動制御要件を満足するように設計されています。Kinetic Systems社は、他の機械システムよりも性能が優れている卓越した水平軸の除振および高レベルの垂直軸の除振を提供するために、独自のtrifler振り子マウントおよびアクティブエアサスペンションを使用しています。

コンパクトな間工学に基づいたデザインは、自動レベル調整機能と低い固有振動数(水平軸方向で1.1 Hz、垂直軸方向で1.4 Hz)を実現しています。ワークステーションは、10 Hz以上で垂直除振効率96%、水平除振効率97%を達成することができます。

LLHPワークステーションの代表的なアプリケーション
原子間力顕微鏡、分析天びん等に最適な2800シリーズLLHPは、クラス100のクリーンルーム対応に設計され、ユーザーの快適性と利便性を高めるための様々なアクセサリーの装備することができます。Kinetic Systems社のワークステーションは、半導体プロセスや通信、航空宇宙工学、医学研究などのアプリケーションで性能が実証されています。



   



MK26シリーズ 超低周波数スプリング アクティブ ワークステーション 





新しい人間工学に基づいたデザイン
超低固有振動数
Vibradamped フレーム
カストマイズ可能なアクセサリー
空気供給不要 取扱い容易
テーブルトップ 選択出来ます。
人間工学に基づいたスタイリング
Class 100 クリーンルーム対応
Class 10 可能





Max. Load Capacity 

650 lbs.

Max. Width of Tabletop

48”

Max. Depth of Tabletop

36”

Vertical Natural Frequency

0.5 Hz

Horizontal Natural Frequency

0.5 Hz

Isolation Efficiency @ 2 Hz 

93%

Isolation Efficiency @ 5 Hz

99%

Isolation Efficiency @ 10 Hz

99.7%







   

 

より人間工学的な快適さを持つ新MK26シリーズ振動制御ワークステーションは、超低固有周波数アプリケーション用として特別に設計されています。Kinetic Systems社は、マイナスK技術という特許取得の負の剛性除振システムを利用して製造しており、超低固有振動数、高い内部構造周波数、および優れた垂直方向と水平方向の除振効率を持つコンパクトでパッシブ(受動)の除振ワークステーションです。MK26は、はるかに優れた快適性と追加の脚スペースを提供するためにアップグレードされました。

マイナスK垂直アイソレータは、静荷重サポート能力に影響を与えることなく、低正味垂直剛性を達成するために硬いバネと負剛性メカニズムを使用しています。

水平除振は、垂直運動アイソレータと直列に接続されたビームカラムによって提供されます。


1/2Hz固有振動数に調整 2Hzでは除振効率93% 5Hzでは99% 10Hzでは99.7%達成しています。

MK26シリーズは、多種多様なアプリケーション用に設計されており、当社の除振ワークステーション用アクセサリーのほとんどにカスタマイズすることができます。

MK26除振ワークステーションの典型的な振動制御アプリケーション

MK26シリーズは、半導体プロセスや電気通信、航空宇宙工学、医学研究等の分野に於いて、例えば、化学天秤、細胞注射、共焦点顕微鏡、パッチクランプ、光学顕微鏡、ウェーハプローブ、センサー較正、原子間力顕微鏡(AFM)、その他の敏感な機器など、幅広い機器に究極のパフォーマンスを提供します。










 

 

波長405nmから1653nm。シングルモード ファイバーから良質のビームクオリティーの高出力レーザーを得ることができます。高安定、狭帯域、出力可変、2 MHzまでの変調が外部端子からできます。

PAGE TOP

Copyright © 2015 FIT Leadintex,Inc Co.,Ltd. All rights reserved.