レーザー/レーザー出力計・SLD・LED

OE機器・チラー・ソフトウエア

関連サイトリンク

  • 光学部品専用サイト
  • 計測器専用サイト
  • アウトレット専用サイト

HOME > カスタム光制御ソリューション研究開発 BNS Boulder Nonlinear Systems

カスタム光制御ソリューション研究開発 BNS Boulder Nonlinear Systems

             Boulder Nonlinear Systems
   ボルダー ノンリニア システムズ

 

News

http://bnonlinear.com/news

2015年7月
NASAと2件のPhase 1 を契約
国際宇宙ステーション(ISS)用のホログラフィック オプティカル トラッピング(HOT)モジュールの開発。
無人大気車両(UAVs)のための小型、軽量、低消費電力(SWaP)3Dウインド センサー システムの開発

Read more

2015年4月
United States Patent and Trademark Office has issued US Patent No. 8,982,313 titled
米国特許商標庁 USパテント第
8,982,313 ビームステアリング装置 非機械的スタック液晶偏光グレイティング(LCPGs)を利用する関連する動作
Read more

2015年3月
National Institute of General Medical Sciencesからブロードバンド高速位相変調器(SLM)の開発の資金授与の賞を得ました。

Read more

カスタム光ソリューション研究開発


             

ボルダーノンリニアシステムズ(BNS)社の顕微鏡最先端技術
空間光変調器(SLM)は、励起とイメージングパスの両方で、最先端の顕微鏡研究の効果的な高性要素として、その利用がますます見直されて居ます。

カスタム ビーム制御ソリューション
ボルダーノンリニア システムズ(BNS)社は、主に液晶素子の開発に通じて、回折非機械的ビーム ステアリング装置を10年以上設計及び製造をしています。

光遺伝学
サンプル内のフォーカスした光の点を操作し、散乱物体による収差を同時補正する能力は、光遺伝学研究に空間光変調器の使用に関心を持たせました。


 


研究開発ニュース

ボルダーノンリニアシステムズ(BNS)社は、25年以上にわたって最先端の光制御ソリューションを開発してきました。最新の資金提供賞の受賞、および研究プロジェクトについてご覧ください。

 

研究開発


過去25年にわたって、BNS社は、液晶の革新的技術を実用的な装置やシステムに転換してきた研究機関として有名になりました。

当社の科学者とエンジニアは、斬新な液晶装置とそれに関連するエレクトロニクスやソフトウエア、光学機械部品の開発に邁進する多くの専門的なバックグラウンドから成る多彩な専門チームです。BNS社は、光エネルギーのコントロールと制御を専門としています。当社の研究は、当初は軍用や研究用の液晶(LC)技術を用いた装置の開発に集中してきました。液晶は、光を操作する能力および電場に対するそれらの可変応答が特徴です。LC材料の電気光学レスポンスは、プログラム可能な光学素子(可動部分のない)の開発を促進します。LC装置は、可視白色光や、例え赤外であっても、コヒーレント・レーザ光の変調に使用することができます。LCは、軽量でコンパクト、低消費電力、費用対効果の高い部品です。LC材料は、光の位相、振幅、スペクトルまたは偏光の変調を発生させます。

国防総省、NASA、NSFやNIHだけでなく、業界のリーダーと防衛請負親業者からの契約からの支援を得て、BNS社は、一連のオンシリコン高性能液晶(LCoS型)、空間光変調器(SLM)およびビームステアリング機能を開発しました。20年以上にわたって、当社の新たなデバイスおよびシステムは、航空宇宙、生物医学、電気通信などの多様な分野での新たなフロンティアとなるべく、多数の政府、産業界、学術パートナーに利用されています。

  


 



















                                        
 


波長405nmから1653nm。シングルモード ファイバーから良質のビームクオリティーの高出力レーザーを得ることができます。高安定、狭帯域、出力可変、2 MHzまでの変調が外部端子からできます。

PAGE TOP

Copyright © 2015 FIT Leadintex,Inc Co.,Ltd. All rights reserved.