レーザー/レーザー出力計・SLD・LED

OE機器・チラー・ソフトウエア

関連サイトリンク

  • 光学部品専用サイト
  • 計測器専用サイト
  • アウトレット専用サイト

HOME > 液晶 ビームステアリングの応用 ウインドセンシング BNS Boulder Nonlinear Systems

液晶 ビームステアリングの応用 ウインドセンシング BNS Boulder Nonlinear Systems


 BNS   Boulder Nonlinear Systems
  ボルダー ノンリニア システムズ


 

ビーム偏向器 偏光グレイティングの応用 ウインドセンシング 

ウインドセンシングは風速計、音響、RF、光センサー等の方法を使用し、非常に成熟した分野です。

BNSは小型パッケージの組込みに適した、コンパクト、Low-SWaP、ワイドエリア3Dベクトル ウインド センサーに新しいLIDARの光センサー機能を提供します。
機械的なビーム ステアリング システムのサイズは適応に制限があります。
小型ウインドセンサーは、海洋ブイ、風量タービン発電機、グライダー、無人飛行体、民間飛行機などで組み込むことが可能になります。
海洋ブイのネットアークでの展開は、風力発電、天気予報に役に立ちます。


現在のリモート ウインド センサーは、あまりにもかさばり、消費電力が大きいので、気象モデルのデータ収集を困難にしている。
LIDARウインド センシング分野は非常に成熟し、競争の激しい市場ですが、BNSはビーム ステアリングの応用のために、ビーム偏向偏光グレイティングを使用します。この技術をこれら全てのセンサーに使用されるでしょう。
サイズ、重量、電力、スキャン時間に利点があります。これまでの機械的な大きなビーム ステアリング方式では、慣性、大きさ、消費電力に問題があり、ランダム アクセスができません。
例えば、8インチ ジンバルは重量20kg以上、制御系を除き消費電力300W  フルスケール偏向時間>400msec.
BNSの装置であれば、重さ約0.4kg   電力0.5W  
フルスケール偏向時間<10msec.

これらは、目的に応じて研究開発の契約を行います。



 

波長405nmから1653nm。シングルモード ファイバーから良質のビームクオリティーの高出力レーザーを得ることができます。高安定、狭帯域、出力可変、2 MHzまでの変調が外部端子からできます。

PAGE TOP

Copyright © 2015 FIT Leadintex,Inc Co.,Ltd. All rights reserved.